阿賀町・歴史・観光

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>阿賀町
新潟県・見所
 ・ 新潟市
 ・ 村上市
 ・ 胎内市
 ・ 阿賀野市
 ・ 阿賀町
 ・ 加茂市
 ・ 五泉市
 ・ 燕市
 ・ 三条市
 ・ 見附市
 ・ 長岡市
 ・ 弥彦村
 ・ 柏崎市
 ・ 上越市
 ・ 糸魚川市
 ・ 妙高市
 ・ 新発田市
 ・ 小千谷市
 ・ 十日町市
 ・ 南魚沼市
 ・ 魚沼市
 ・ 出雲崎町
 ・ 関川村
 ・ 古民家住宅
 ・ 城郭
 ・ 神社:建築
 ・ 寺院:建築
 ・ 近代建築(洋館)
 ・ 五頭温泉郷
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
阿賀町・歴史・観光・見所
阿賀町概要: 阿賀町は古くから交通の要衝として重要視されていた地域で鎌倉時代以降、現在の会津若松市にある黒川城(会津若松城)を本拠としていた佐原氏(後の芦名氏)の一族藤倉氏(後の金上氏)が支配していた事で福島県の会津地方と深い繋がりがありました。その後、金上氏と名を改めますが芦名氏の家臣として従属し居城である津川城は芦名氏の越後侵攻の拠点として機能し「新発田重家の乱」や「御館の乱」でも重要な役割を果たしました。芦名氏が常陸へ落ち延びると蒲生氏、上杉氏、加藤氏など次々に領主が変わり加藤嘉明が領主だった寛永4年(1627)に一国一城令により津川城は廃城となります。江戸時代を通し会津藩に属し、村上藩や新発田藩の参勤交代で利用する越後街道の開削や阿賀野川舟運によって経済都市として飛躍的に発展し、会津藩の施設である藩蔵や船番所が設置され、問屋や旅籠、米蔵など多くの建物が軒を連ね、最盛期には150隻の船が出入りし100人を越える丁持衆が働いていたと言い日本三大河港に数えられていました。現在では鉄道、その他の交通網が発達した事で重要性は失われましたが、「雁木」を設えた町屋が町並みを構成し、当時の繁栄した雰囲気を感じることが出来ます。
阿賀町
阿賀町 阿賀町 阿賀町 阿賀町
阿賀町:観光・見所
五十嵐家住宅
五十嵐家住宅
五十嵐家住宅
取上観音
取上観音
取上観音
護徳寺
護徳寺
護徳寺
大牧鍾馗
大牧鍾馗
大牧鍾馗
津川城
津川城
津川城
新善光寺
新善光寺
新善光寺
平等寺
平等寺
平等寺
将軍杉
将軍杉
将軍杉
角神不動滝
角神不動滝
角神不動滝
津川代官所
津川代官所
津川代官所
津川河港
河港
津川河港
せなかじ岩
せなかじ岩
せなかじ岩

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。