新発田城

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新発田市:歴史・観光・見所>新発田城

新発田城
新発田城
[ 付近地図: 新潟県新発田市 ]・[ 新発田市:歴史・観光・見所 ]
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城
概要・歴史・観光・見所
新発田城概要: 新発田城の築城年は不詳ですが新発田氏が築いたの始まりとされ、本丸の形状から「舟形城」、城の周囲が湿地帯で菖蒲の自生地だった事から「菖蒲城」、湿地帯から見ると城が水面に浮かんでいるように見えた事から「浮舟城」、狐が尾を引きながら城の縄張りを教えた事から「狐尾曳ノ城」との別称があります。城主である新発田氏は鎌倉幕府の御家人佐々木盛綱の流れを汲む国人領主で佐々木氏の後裔である加治氏の一族とされます。南北朝時代以降に新発田氏が独立したと見られ古文書にも度々散見されるようになり、戦国時代に入ると有力国人領主として一目置かれる存在になっていました。上杉謙信が台頭するとその指揮下に入り、春日山城新潟県上越市)門番や外交などの重責を担当し上杉家臣団の中では第9位に格付けされ、揚北衆の中では第2位に位置しました。天正6年(1578)謙信が死去すると養子である上杉景勝と上杉影虎の2人が後継者争いである「御館の乱」がおこり、当時の当主新発田長敦は景勝側に与し大きな働きを挙げ景勝が勝利します。しかし、長敦が死去した為、恩賞は与えられず、逆に本領が削減されるなど新発田氏側からは受け入れられない仕打ちとなり景勝と対立が深まります。当時、織田信長は越後侵攻を画策していた事から跡を継いだ新発田重家を支援し、新発田氏は上杉家から独立、天正9年(1581)に所謂「新発田重家の乱」が勃発します。当初は重家有利に展開しますが天正10年(1582)、織田信長が本能寺の変で自刃すると後ろ盾を失い、さらに景勝が豊臣秀吉に従う事で秀吉から支援を受け一気に不利となりました。結果的に乱は天正15年(1587)に新発田城が落城し重家が自決するまで6年間続き景勝に大きく影を落す事になります。慶長2年(1597)、景勝が鶴ヶ城(福島県会津若松市)に本拠を移すと春日山城には掘秀治が新発田城には溝口伯耆守秀勝が6万石で入ります。秀勝は現在の五十公野御茶屋に仮宅邸を設け、新発田城が完成するまでそので政務をとります。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの際、秀勝は東軍(徳川家)方として行動した事で、領地が安堵され新発田藩を立藩、以後、藩庁、藩主居館が整備され明治維新に至るまで溝口家が城主(藩主)を歴任しています。戊辰戦争では当初、奥羽越列藩同盟に組しましたが早々と新政府軍に合流し為、新発田城は大きな被害はありませんでした。しかし、明治6年(1873)に廃城令によりほとんどの施設が破却され新発田城の主要部分が陸軍の歩兵第16連隊が設置され現在でも陸上自衛隊の新発田駐屯地となっています。

新発田城の縄張り: 新発田城は新発田川の流れを利用した平城で本丸を中心に2重の堀があり、本丸には天守の代わりとなる3重櫓が築かれました(入母屋造りで片側だけに千鳥破風を設けている為、3匹の鯱があがる特異な建物として知られています)。櫓の壁は日本海側の城郭建築で見られる海鼠壁が採用され積雪対策としました。新発田城は本丸、二ノ丸、三ノ丸、古丸で構成され、本丸には三重櫓、鉄砲櫓、折掛櫓、藩主御殿、新発田藩庁があり二ノ丸には東櫓、西櫓、大手中ノ門脇櫓、西ノ門脇櫓、家老屋敷、講堂、学寮、三ノ丸には大手櫓、武家屋敷、古丸には二ノ丸隅櫓、丑寅櫓、庭園、御米蔵所がありました。又、本丸から北東には藩主歴代の祈願所である宝積寺が配され城の鬼門鎮護と共に出城の機能を果たしていました。現在残されている二の丸隅櫓は寛文8年(1668)の火災以降の再建されたもので二重二階櫓、入母屋、本瓦葺、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁、本丸表門は享保17年(1732)に建てられたもので脇戸付櫓門、入母屋造、本瓦葺、数少ない新発田城の遺構として大変貴重な事から昭和32年(1957)に国指定重要文化財に指定されています。新発田城は平成18年(2006)に日本100名城に選定されています。

住宅設計

 新潟県新発田市観光・旅行見所ナビ:
旧足軽長屋菅谷不動尊福勝寺宝光寺大友稲荷神社奥の院旧石黒家住宅市島家住宅五十公野御茶屋清水園新発田城紫雲寺
諏訪神社旧県知事公舎長徳寺月岡温泉古四王神社石井神社千光寺藤戸神社白蓮寺宝積寺法音寺大日堂豊田神社石泉荘
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。