十日町市・歴史・観光

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>十日町市
新潟県・見所
 ・ 新潟市
 ・ 村上市
 ・ 胎内市
 ・ 阿賀野市
 ・ 阿賀町
 ・ 加茂市
 ・ 五泉市
 ・ 燕市
 ・ 三条市
 ・ 見附市
 ・ 長岡市
 ・ 弥彦村
 ・ 柏崎市
 ・ 上越市
 ・ 糸魚川市
 ・ 妙高市
 ・ 新発田市
 ・ 小千谷市
 ・ 十日町市
 ・ 南魚沼市
 ・ 魚沼市
 ・ 出雲崎町
 ・ 関川村
 ・ 古民家住宅
 ・ 城郭
 ・ 神社:建築
 ・ 寺院:建築
 ・ 近代建築(洋館)
 ・ 五頭温泉郷
 ・
 ・
 ・
 ・
十日町市・歴史・観光・見所
十日町市概要: 十日町市の歴史は古く縄文時代の遺跡である笹山遺跡からは火焔型土器(国宝)が発見されるなど当時から技術的に高い人々が暮していました。大同2年(807)に創建の神宮寺や松苧神社(延喜式神名帳に記載されている式内社)があり奈良時代にはすでに中央との繋がりがありましたが、古墳などの史跡や記録がなくこの地方で大きな支配者がいなかったと思われます。中世に入ると大井田氏を中心とする新田一族が支配し、南北朝の動乱時では南朝の将として名を馳せますが派を唱える大きな勢力を持つことなく次第に上田長尾氏に従属するようになります。その後、大井田氏は上杉謙信、景勝に従い会津移封の際も随行しています。江戸時代に入ると高田藩に属しますが堀秀治、松平忠輝、酒井家次、松平忠昌、松平光長など短期間に次々と藩主が変わり延宝9年(1681)に松平光長が改易されると十日町市の領域は天領となり、旧十日町市周辺が会津藩預所、旧松代町付近が高田藩預所、旧川西町の一部が高田藩、白河藩、桑名藩と松平家の飛地として明治維新を迎えます。
十日町市
十日町市 十日町市 十日町市 十日町市
十日町市:観光・見所
智泉寺
智泉寺
智泉寺
観泉院
観泉院
観泉院
慈眼寺
慈眼寺
慈眼寺
神宮寺
神宮寺
神宮寺
来迎寺
来迎寺
来迎寺
広大寺
広大寺
広大寺
長徳寺
長徳寺
長徳寺
星名家住宅
星名家住宅
星名家住宅
西永寺
西永寺
西永寺
小白倉集落
小白倉集落
小白倉集落
 
白
 
 
白
 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。