一山寺(三根山藩牧野家:菩提寺)

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>一山寺(新潟県・新潟市)
【 菩提者 】 三根山牧野家は長岡藩初代藩主牧野忠成の4男定成が蒲原郡三根山領6千石を分知され成立した氏族です。当初は1万石に達していない事から諸侯ではなく幕府の寄合旗本となっています。2代忠清は西城書院番、書院番頭、3代忠貴は側用人、5代忠知は西の丸書院番番頭などを歴任しました。10代忠興に嫡子がいなかった為、五島盛保(福江藩主五島盛繁の3男)の長男忠泰を養子とし、安政4年(1857)、忠泰の代に1万1千石に高直しされて諸侯に列し改めて三根山藩を立藩し、忠泰が初代藩主になっています。戊辰戦争の際は本藩である長岡藩と共に奥羽越列藩同盟に参加しましたが、長岡城が落城すると士気が低下し新政府軍が領内に侵攻すると同時に降伏、その後は恭順し新政府軍と共に庄内藩領に進軍し戦後の改易を免れています。明治3年(1870)に三根山藩から長岡藩に米100俵送った逸話は有名で、長岡藩では食料として消費せず人材育成で費やし多くの有能の人材を輩出しました。藩庁である三根山陣屋から少し離れた場所に菩提寺である一山寺(新潟市)があり、三根山牧野家は定府の江戸詰だった事から菩提は埋葬されず歴代領主、藩主の供養の為の墓碑が一山寺境内に建立され、本堂には位牌が安置されました。

【 寺  号 】 一山寺
【 所在地 】 新潟県新潟市西蒲区福井
【 中興年 】 万治3年(1660)
【 開  山 】
【中興 開基】 牧野忠清(三根山牧野家2代)
【 山  号 】
【 宗  派 】 浄土宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 歴代三根山藩主の墓碑(菩提無し)
新潟県大名菩提寺
溝口家溝口勝政新発田重家竹俣家佐々木加地氏内藤家間部詮房牧野忠成牧野忠訓・忠毅直江家関東管領上杉家本庄家・色部家長尾家柿崎景家上杉謙信黒川藩柳沢家村松藩堀家三根山藩牧野家沢海藩溝口家上杉謙信今井国広越後北条家田中義房加茂次郎義綱色部家村上家牧野秀成牧野家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。