出湯温泉: 相馬御風碑

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)五頭温泉郷出湯温泉観光>相馬御風碑

相馬御風碑
相馬御風碑
[ 付近地図: 新潟県阿賀野市 ]・[ 出湯温泉 ]
相馬御風碑・歴史・観光・見所
相馬御風碑(阿賀野市)概要: 相馬御風碑は昭和8年(1933)6月に石水亭(御風の定宿でしたが現在は廃業になっています。)の庭園前に建立されたもので案内板によると「 御風氏は生前五頭山のたたずまいと、松籟の音を好み、よくこの地を訪ねられた。特に幣屋石水亭を愛し?宿泊された。碑の歌もこの宿に泊まられた時に詠まれたものである。『 竹の穂の静けきゆれを ねながらに ながめつつゐる けさのやすけさ 』」とあります。相馬御風は新潟県糸魚川市出身で明治時代から昭和時代初期に詩人、歌人として活躍した人物です。代表作として「御風歌集」、「還元録」、「大愚良寛」を記すと共に数多くの唱歌、童謡、校歌を残しています。

 出湯温泉観光・旅行見所ナビ:
華報寺十二社神社相馬御風碑念腹歌碑
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県歴史観光案内所」は「新潟県の歴史」、「郷土資料辞典−新潟県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「瀬波温泉」等を参考にさせていただいています。