関川村: 渡辺家新宅

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>関川村:歴史・観光・見所>渡辺家新宅

概要・歴史・観光・見所
渡辺家新宅(関川村)概要: 案内板によると「 渡辺儀左衛門家の5代利助早逝のあと。本家9代三左衛門は弟善俊に名跡を継がせたい考えであったが、善俊はこの跡地に明治38年(1905)吟味した良材と優れた技師を駆使して2階建て延べ584.6平米メートルの住宅と土蔵一棟を建造した。2代以降村外に転居して建物は空き家となり昭和58年(1983)村では老朽化を惜しみこれを譲り受け、修理を加え文化財として保存することにした。 関川村教育委員会 」とあります。渡辺家新宅は渡辺家本宅(国指定重要文化財)や佐藤家住宅(国指定重要文化財)、津野家住宅(新潟県指定文化財)とは異なり街道沿いに主屋が配置されていなく宅邸の様相を見せるなど時代背景が見られます。木造2階建、寄棟、桟瓦葺、外壁は板張で、中庭に面する壁は真壁造りの数寄屋風とし玄関もむくり付の屋根や懸魚、欄間の意匠など工夫が凝らされています。随所に銘木が使用され床の間や座敷なども格式の高い造りになっています。渡辺家新宅は明治時代に建てられた近代和風建築の遺構として貴重なことから昭和60年(1985)に関川村指定有形文化財に指定されています。現在は「東桂苑」として一般公開されています。

渡辺家新宅:写真

渡辺家新宅
[ 付近地図: 新潟県関川村 ]・[ 関川村:歴史・観光・見所 ]
渡辺家新宅 渡辺家新宅 渡辺家新宅 渡辺家新宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。