弥彦村: 明治天皇行在所

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>弥彦村:歴史・観光・見所>明治天皇行在所

概要・歴史・観光・見所
明治天皇行在所(弥彦村)概要: 明治天皇行在所は新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦(弥彦神社の門前)に位置しています。明治11年(1878)9月15日、明治天皇が北陸ご巡幸の際、越後国一宮とされる弥彦神社の祠官 五十嵐宅の奥庭に設けられた行在所に宿泊され、翌日、明治天皇は弥彦神社に御親拝すると北陸道を北上し岩室温泉の高島屋で御小憩され新潟に向われました。その後、行在所の建物はは明治45年(1912)の弥彦大火(弥彦村では民家、郵便局など32戸が焼失し飛び火した火は弥彦神社の多くの社殿も焼き尽くしています。)で焼失、現在は跡地を整備しポケットパークのように整備されています。

明治天皇行在所:写真

明治天皇行在所
[ 付近地図: 新潟県弥彦村 ]・[ 弥彦村:歴史・観光・見所 ]
明治天皇行在所 明治天皇行在所 明治天皇行在所 明治天皇行在所


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。