弥彦村: 旧武石家住宅

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>弥彦村観光>旧武石家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧武石家住宅(弥彦村)概要: 武石家は広福寺を開いた延定房祐善に従い天正年間(1573〜1593年)に能登半島からこの地に土着しました。現在の建物は18世紀初頭に建てられた中層農家住宅です。木造平屋建、寄棟、茅葺、平入り、桁行7間、梁間4間、外壁は真壁造り、板張、軒下部のみ土壁鏝押えの建物で、内部は四間取りでザシキ(座敷)、ネマ(寝間)、チャノマ(茶の間)、ニワ(台所)で構成されザシキとネマが板の間、チャノマ(茣蓙やムシロを敷いて利用)、ニワは土間、柱や梁の仕上げはチョウナ鉋、天井や建具がなかった事から新潟県内では最も古い形態を残していると考えられています。旧武石家住宅主屋は江戸時代中期に建てられた中層農家建築の遺構として貴重なことから平成5年(1993)に弥彦村指定有形文化財に指定されています。又、敷地内には明治初期に建てられたと推定される味噌蔵(木造平屋建、寄棟、茅葺、平入、桁行3間、梁間2間、建築面積20u)と昭和4年(1929)に建てられた薪小屋(木造平屋建、切妻、茅葺、平入、桁行2間、梁間1.5間、建築面積10u)がそれぞれ平成10年(1998)に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との理由から国登録有形文化財に指定されています。

旧武石家住宅:写真

旧武石家住宅
[ 付近地図: 新潟県弥彦村 ]・[ 弥彦村:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。