加茂市: 鶴巻家住宅

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>加茂市:歴史・観光・見所>鶴巻家住宅

概要・歴史・観光・見所
鶴巻家住宅(加茂市)概要: 鶴巻家住宅は案内板によると「 この主屋は、鶴巻家住宅(加茂市)明治8年(1875)に建築した木造2階建、切妻桟瓦葺、妻入で前面に庇が取り付けられています。 後部が新しく建て替えられていますが、古い部分は当初の主要部材が良く残り、近代初期のこの地域の素封家の住宅として評価される建物です。 」とあります。前面の庇は雪国特有な「こみせ」に通じるものを感じさせ、2階の格子窓にも郷愁があります。酒蔵は案内板によると「 この主屋は、大正10年(1921)に建築した鉄筋コンクリート造2階建、切妻造妻入です。当時は大正12年に起きた関東大震災の前であり、全国的にはまだ煉瓦積み構法が主流であり、そのなかでの鉄筋コンクリート構造の出現は貴重なものです。」とあります。鶴巻家住宅主屋・酒蔵は平成13年(2001)に加茂市指定有形文化財に指定されています。敷地内には同じく文化財指定された旧七谷郵便局舎があります。

鶴巻家住宅:写真

鶴巻家住宅
[ 付近地図: 新潟県加茂市 ]・[ 加茂市:歴史・観光・見所 ]
鶴巻家住宅 鶴巻家住宅 鶴巻家住宅 鶴巻家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。