加茂市: 旧七谷郵便局舎

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>加茂市:歴史・観光・見所>旧七谷郵便局舎

概要・歴史・観光・見所
旧七谷郵便局舎(加茂市)概要: 旧七谷郵便局舎は鶴巻家住宅の敷地内にあります。鶴巻家は当地域の豪農として知られ酒造業などを営む一方で明治22年(1889)から切手や印紙の販売の許可を得て大正15年(1926)に郵便取扱所が設置、昭和10年(1923)に郵便局舎兼電話交換所が建設され昭和56年(1981)まで利用されていました。現在の建物はその当時のもので、木造2階建、寄棟、桟瓦葺、妻入、正面の屋根の中心を腰折り屋根(マンサール屋根)にし、その中に鎧戸風の通風口を設け正面性を演出しています。外壁は下見板張、ペンキ塗り仕上げ、腰部を縦板張、軒下廻りをモルタル吹付けで仕上げる事で調子を取り、さらにハーフテンバー風に柱や梁を外壁面に張り出す事でより立体的に見せています。開口部の縦長の上げ下げ窓や正面玄関廻りの意匠、玄関上部照明の意匠など当時の洋風建築の要素が取り入れられています。棟梁加茂出身の名工佐藤定一、設計は県庁の県庁技師が担当しています。旧七谷郵便局舎は洋風金融建築の遺構で昭和初期の郵便局舎がそのままの姿で残っている極めて貴重なことから平成13年(2001)に加茂市指定文化財に指定されています。

旧七谷郵便局舎:写真

旧七谷郵便局舎
[ 付近地図: 新潟県加茂市 ]・[ 加茂市:歴史・観光・見所 ]
旧七谷郵便局舎 旧七谷郵便局舎 旧七谷郵便局舎 旧七谷郵便局舎


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。