妙高市: 康源寺

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>妙高市:歴史・観光・見所>康源寺

概要・歴史・観光・見所
康源寺(妙高市)概要: 康源寺は新潟県妙高市石塚町2丁目に境内を構えている浄土真宗大谷派の寺院です。康源寺の創建は不詳ですが、室町時代に開かれたとされ創建当初は長野県長野市川中島町に境内を構えていました。時代が下がると、新井別院(当時の願生寺)の境内に1支院として移り、火災により堂宇が焼失した為に八幡宮の境内付近に移り、さらに、延宝6年(1678)に無住になっていた真言宗の寺院があった現在地に移りました。康源寺本堂は康源寺が当地に移ってきた当時のものとされ、江戸時代初期の特徴が残された建物で、入母屋、銅板葺、平入、桁行8間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。康源寺の山門は元禄8年(1695)に建てられたもので、三間一戸、入母屋、金属板葺き、八脚鐘楼門、上層部が吹き放しで鐘撞堂となっています。又、鎌倉時代成立前後に創建し長野県長野市篠ノ井に境内を構える康楽寺と関係が深いとも云われています。宗派:真宗大谷派。

康源寺:写真

康源寺
[ 付近地図: 新潟県妙高市 ]・[ 妙高市:歴史・観光・見所 ]
康源寺 康源寺 康源寺 康源寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。