糸魚川市: 相馬御風宅

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>糸魚川市:歴史・観光・見所>相馬御風宅

概要・歴史・観光・見所
相馬御風宅(糸魚川市)概要: 案内板によると「 相馬御風は、明治、大正、相馬御風宅昭和の三代にわたり人間の真実を求め文学、歴史、民俗などの研究にその生涯をかけました。特に良寛の研究者で知られ、生涯、大愚良寛など126冊の著書をあらわし、早稲田大学の校歌、カチューシャ、童謡春よこいなどの作詞者でもよく知られています。昭和25年、68歳で亡くなった御風の功績を顕彰してこの生家が県の史跡に指定されております。・・・・(後略)」とあります。北陸街道沿いに建つ相馬御風の生家は町屋建築とは異なり前面に塀と併用した大きな門扉(雁木風に屋根ば前に張り出し柱で支えられています。)があり中庭の向こうに母屋(昭和3年:1928年建築、木造2階建、切妻、桟瓦葺、平入、外壁は下見板張押縁押さえ。)があります。相馬御風宅は日本文学に大きな影響を与えた御風の史跡として貴重なことから昭和27年(1952)に新潟県指定史跡に指定されています。現在は糸魚川歴史民俗資料館として一般公開されています。

相馬御風宅:写真

相馬御風宅
[ 付近地図: 新潟県糸魚川市 ]・[ 糸魚川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。