糸魚川藩

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)新潟県の城下町>糸魚川藩
糸魚川藩・歴史・観光・見所
糸魚川藩概要: 糸魚川は北陸街道と千石街道の結節点であったことから重要視され、高田藩領だった時代には家老クラスがこの地を納めました。元禄4年(1691)に有馬清純が5万石で入封し糸魚川藩を立藩します。元禄8年(1695)に廃藩となり一時天領となりますが元禄12年(1699)〜享保2年(1717)に本多助芳が1万石で統治します。その後、松平直之が1万石で入ると代々松平家が統治しますが石高が低く定府大名だった為、糸魚川陣屋で政務を取る事もなく政治的には不安定な状態でした。享保年間から藩の財政が逼迫し困窮状態が慢性化した事で沖の口役銀騒動や黒川騒動などが勃発し、明治維新後も林騒動や二歩金騒動が起こりました。
  スポンサーリンク
 

糸魚川藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代有馬清純1692〜16955万石 
初代本多助芳1699〜17171万石 
初代松平直之1717〜17181万石 
2代松平直好1718〜17391万石 
3代松平堅房1739〜17731万石 
4代松平直紹1773〜18061万石 
5代松平直益1806〜18261万石 
6代松平直春1826〜18571万石 
7代松平直廉1857〜18581万石 
8代松平直静1858〜18711万石 

糸魚川藩
糸魚川藩城下町:町並み
糸魚川藩:城下町・町並み 糸魚川藩:城下町・町並み 糸魚川藩:城下町・町並み 糸魚川藩:城下町・町並み
糸魚川藩:名所・旧跡
糸魚川陣屋
糸魚川藩の藩庁が置かれた糸魚川陣屋
糸魚川陣屋
崇敬社
糸魚川藩の藩主が崇敬した天津神社
天津神社
 
糸魚川藩
 
 
糸魚川藩
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。