村松藩

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)新潟県の城下町>村松藩
村松藩・歴史・観光・見所
村松藩概要: 村松藩の前身である安田藩は寛永16年(1639)に堀直寄の次男堀直時が3万石で立藩します。その後、2代藩主直吉の時代の寛永21年(1644)に領地替えが行われ安田城から村松陣屋へと居城を移し正式に村松藩が成立し、以後、明治維新まで堀家が藩主を歴任しています。領内の大部分が山林だった為、新田開発も進まず実高は4万石程度だった為、財政は安定していたとは言えず何度も財政改革がなされました。江戸時代後期の文化年間(1804〜1818年)に家老である堀玄蕃が行った改革は増税を主としていた為領内全域で一揆が発生しています。9代藩主直央の代で城主格となり陣屋から城郭へと大改修され財政が一段と悪化、直央は財政再建など藩政改革を断行します。幕末時は新政府側の尊王攘夷派と幕府側の保守派に分裂し、尊王攘夷派の7名が処刑にあう事件が勃発、奥羽越列藩同盟に同調した藩主直賀を含む保守派は同盟方の米沢藩(山形県米沢市)に逃れます。尊王攘夷派は堀直弘を藩主として擁立し藩政の主導権を掌握すると新政府軍に降伏し領土を安堵されました。明治4年(1871)に村松県となり同年新潟県に編入されます。江戸時代中期の元文4年(1739年)には五社制度を確立し神明宮、八幡宮、住吉神社、日枝神社、春日神社の五社を篤く遇し村松藩五社と呼ばれました。
  スポンサーリンク
 

長岡藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代堀直時1636〜16433万石 
2代堀直吉1643〜16763万石 
3代堀直利1676〜17113万石 
4代堀直為1711〜17363万石 
5代堀直堯1736〜17853万石 
6代堀直教1785〜17953万石 
7代堀直方1795〜18023万石 
8代堀直庸1802〜18053万石 
9代堀直央1805〜18573万石 
10代堀直休1857〜18603万石 
11代堀直賀1860〜18683万石 
12代堀直弘1868〜18713万石 

村松藩
五泉市村松町:町並み 五泉市村松町:町並み 五泉市村松町:町並み 五泉市村松町:町並み
村松藩:名所・旧跡
村松城
村松藩の藩庁が置かれた村松城
村松城
崇敬社
村松藩の藩主が崇敬した住吉神社
住吉神社
藩主菩提寺
村松藩の藩主堀家の菩提寺だった英林寺
英林寺
藩主祈願所
村松藩の藩主堀家の祈願所だった慈光寺
慈光寺
崇敬社
村松藩の藩主が崇敬した春日神社
春日神社
崇敬社
村松藩の藩主が崇敬した神明宮
神明宮
崇敬社
村松藩の藩主が崇敬した日枝神社
日枝神社
崇敬社
村松藩の藩主が崇敬した矢津八幡宮
矢津八幡宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。