与板藩

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)新潟県の城下町>与板藩
与板藩・歴史・観光・見所
与板藩概要: 与板藩は寛永11年(1634)に長岡藩から1万石を分知され牧野康成が立藩しました。康成は長岡藩初代藩主牧野忠成の次男で当初の与板藩は長岡藩の支藩として存在しました。陣屋は現在の町役場付近に築かれ三代康重まで続きましたが元禄15年(1702)に信州小諸に1万5千石(実高3万石)で転封、与板領は一時天領となります。宝永2年(1705)に井伊直矩が2万石で入り再び与板藩を立藩しましたが先代の直朝は精神病からの乱行で改易になていた事から城主格とはなりませんでした。6代藩主直朗は幕閣に入り若年寄に就任するなど大きく功績を残した事で、文化元年(1804)に城主格に昇進し参勤交代も認められるようになり陣屋も城郭に改修されました(7代藩主直暉の時代文政6年の完成。)。戊辰戦争の際、与板藩は当初から新政府軍側で行動し、奥羽越列藩同盟に参加した長岡藩三根山藩と交戦状態となります。与板城下も戦場となり与板城は大きな被害を受けますが新政府軍の北陸侵攻の拠点となります。明治4年に与板県となり柏崎県を経て新潟県に編入されています。
  スポンサーリンク
 

与板藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代牧野康成1634〜16571万石 
2代牧野康道1657〜16891万石 
3代牧野康重1689〜16961万石 
初代井伊直矩1706〜17312万石 
2代井伊直陽1731〜17322万石 
3代井伊直員1732〜17352万石 
4代井伊直存1735〜17602万石 
5代井伊直郡1760〜17602万石 
6代井伊直朗1760〜18192万石 
7代井伊直暉1819〜18262万石 
8代井伊直経1826〜18562万石 
9代井伊直充1856〜18622万石 
10代井伊直安1862〜18712万石 

与板藩
長岡市与板町:町並み 長岡市与板町:町並み 長岡市与板町:町並み 長岡市与板町:町並み
与板藩:名所・旧跡
与板陣屋
与板藩の藩庁だった与坂城(陣屋)・長岡市
与板陣屋(城)
崇敬社
与板藩の藩主が崇敬した都野神社
都野神社
藩主祈願所
与板藩の藩主の祈願所だった徳昌寺
徳昌寺
藩主祈願所
与板藩の藩主の祈願所だった西本願寺新潟別院
西本願寺別院
藩主祈願所
与板藩の藩主の祈願所だった恩行寺・長岡市
恩行寺
藩主祈願所
与板藩の藩主の祈願所だった寛益寺
寛益寺
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。