村上藩

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)新潟県の城下町>村上藩
村上藩・歴史・観光・見所
村上藩概要: 村上藩は慶長3年(1598)に上杉景勝が会津に移封された後、村上周辺の領地を村上頼勝が9万石に入封したのが始まりとされます。頼勝は関ヶ原の戦い時に直接戦いに加わらなかったものの旧上杉家家臣が起こした一揆を鎮圧した事で領土が安堵され村上藩を立藩することが出来ました。しかし、2代藩主忠勝が御家騒動を起こし改易され、新たに堀直寄が10石で入封します。村上堀家は3代直定が幼少で死去した事で断絶し、分家である村松堀家が村松藩3万石で存続します。その後も本多忠義や松平直矩、榊原政倫、本多忠孝、松平輝貞、間部詮房などが短期間の内に変わり安定的な世情とはなりませんでした。享保5年(1720)に内藤弌信が5万石で入ると明治維新まで内藤家が藩主を歴任しようやく安定した藩政が行われるようになりました。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に組し新政府軍と対抗し村上城下も戦場となりますが戦局を維持することが出来ず降伏しています。その後、村上藩は明治4年(1871)に村上県となり同年に新潟県に併合されています。
  スポンサーリンク
 

村上藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代村上頼勝1598〜16049万石 
2代村上忠勝1604〜1618 9万石 
初代堀直寄1618〜163610万石 
2代堀直次1636〜163810万石 
3代堀直定1638〜164210万石 
初代本多忠義1644〜164910万石 
初代松平直矩1649〜166715万石 
初代榊原政倫1667〜168315万石 
2代榊原政邦1683〜170415万石 
初代本多忠孝1704〜170915万石 
2代本多忠良1709〜17105万石 
初代松平輝貞1710〜17177.2万石 
初代間部詮房1717〜17205万石 
2代間部詮言1720〜17205万石 
初代内藤弌信1720〜17255万石 
2代内藤信輝1725〜17255万石 
3代内藤信興1725〜17615万石 
4代内藤信旭1761〜17625万石 
5代内藤信凭1762〜17815万石 
6代内藤信敦1781〜18255万石 
7代内藤信思1825〜18645万石 
8代内藤信民1864〜18685万石 
9代内藤信美1868〜18715万石 

村上藩
村上藩城下町の町並み 村上藩城下町の町並み 村上藩城下町の町並み 村上藩城下町の町並み
村上藩:名所・旧跡
村上城
村上藩の藩庁が置かれた村上城
村上城
崇敬社
村上藩の歴代藩主が崇敬した西奈彌羽黒神社
西奈彌羽黒神社
崇敬社
村上藩の藩主が祭られた藤基神社
藤基神社
藩主菩提寺
村上藩の藩主の菩提寺だった光徳寺
光徳寺
藩主菩提寺
村上藩の藩主の菩提寺だった浄念寺
浄念寺
藩主祈願所
村上藩の藩主の祈願所だった観音寺
観音寺
藩主祈願所
村上藩の藩主の祈願所だった耕雲寺
耕雲寺
藩主祈願所
村上藩の藩主の祈願所だった諸上寺
諸上寺
藩主崇敬社
村上藩の歴代藩主が崇敬した石船神社
石船神社
武家屋敷
村上藩の上級武家屋敷だった旧若林家住宅
旧若林家住宅
武家屋敷
村上藩の中級武家屋敷だった旧成田家住宅
旧成田家住宅
武家屋敷
村上藩の中級武家屋敷だった旧嵩岡家住宅
旧嵩岡家住宅
武家屋敷
村上藩の中級武家屋敷だった旧藤井家住宅
旧藤井家住宅
武家屋敷
村上藩の中級武家屋敷だった旧岩間家住宅
旧岩間家住宅
 
村上藩
 
 
村上藩
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。