三根山藩

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)新潟県の城下町>三根山藩
三根山藩・歴史・観光・見所
三根山藩概要: 三根山の領地は初代長岡藩藩主牧野忠成の四男牧野定成が6千石を分知され統治したものです。1万石に満たなかった事から大名とは認められず独立した藩ではなく長岡藩の従属した領地とみなされ牧野家は代々寄合旗本(江戸幕府の3千石以上の上級旗本)として存続しました。11代領主牧野忠泰は肥前五島福江藩主五島盛繁の二男五島盛保の長男でしたが先代の養子となり牧野家を継ぎ文久3年(1863)に新たに5千石分が認められて合計1万1千石の大名となり三根山藩を立藩しました。これには政治的な配慮があったとされ、実際には領地の加増があったわけではなく、新田開発分を加えても5千石には満たないものでした(分知当初から実石で1万1千石あったとされる説もあります。)。戊辰戦争の際は譜代大名だった長岡藩と行動を共にし、新政府軍と交渉が決裂すると奥羽越列藩同盟軍に同調しますが激戦の末長岡藩が降伏すると三根山藩もそれに従います。戦争終結後、長岡藩は7万4千石から2万4千石に減らさられた事から困窮状態となり三根山藩から米百俵の義援米受け取りましたが、藩ではその米を金に換え人材育成に費やしたことが美談として後世に語り継がれています。明治3年(1870)に峰岡藩と改称、明治4年(1871)に廃藩置県が遂行され嶺岡県となり、同年に新潟県に併合されています。
  スポンサーリンク
 

三根山藩歴代藩主(領主)
 藩主名藩主年間石高備考
初代牧野定成0.6万石 
2代牧野忠清0.6万石 
3代牧野忠貴0.6万石 
4代牧野忠列0.6万石 
5代牧野忠知0.6万石 
6代牧野忠義0.6万石 
7代牧野忠救0.6万石 
8代牧野忠衛0.6万石 
9代牧野忠直0.6万石 
10代牧野忠興0.6万石 
11代牧野忠泰1863〜18711.1万石大名

三根山藩
三根山藩城下町:町並み
三根山藩:名所・旧跡
三根山陣屋
三根山藩の藩庁が置かれた三根山陣屋
三根山陣屋
崇敬社
三根山藩と縁のある三根山神社
三根山神社
藩主菩提寺
三根山藩の藩主の菩提寺だった一山寺
一山寺
藩主祈願所
三根山藩の藩主の祈願所だった金仙寺
金仙寺
入徳館
三根山藩の藩校だった入徳館
入徳館
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。