胎内市: 乙宝寺(三重塔)

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>胎内市:歴史・観光・見所乙宝寺>三重塔

概要・歴史・観光・見所
乙宝寺三重塔(胎内市)概要: 三重塔は新潟県胎内市中条町大字乙に位置している乙宝寺の境内に建立されています。三重塔は当時の村上城新潟県村上市)の城主、村上忠勝(元和4年:1618年、藩内をまとめられないことを理由に改易)が願主となり慶長19年(1614)に起工し元和6年(1620)に竣工した建物で、棟梁は京都の小嶋近江守藤原吉正があたりました(昭和26年:1951年〜昭和28年:1953年にかけて解体修理)。三重塔は高さ76尺(約23.1m)、桁行3間(約5.4m)、梁間3間(約5.4m)、宝形屋根、こけら葺、素地、着色が無く、装飾や意匠も最小限に限られているものの均整が取れ美しい形状で、内部の四天柱と来迎壁で囲われた仏壇には本尊である普賢菩薩像(辰年と巳年生まれの守り本尊)が安置されています。乙宝寺三重塔は江戸時代初期に建てられた層塔建築の遺構として大変貴重なことから大正12年(1923)に国指定重要文化財に指定されています。

乙宝寺(三重塔):写真

三重塔
[ 付近地図: 新潟県胎内市 ]・[ 胎内市:歴史・観光・見所 ]
三重塔 三重塔 三重塔 三重塔


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。