新潟県・役行者:縁の社寺

新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>役行者

神社・寺院:一覧

名 称
場 所
内   容
・金峰神社・新潟県
・胎内市
・伝承によると金峰神社は役行者が金峯山寺(奈良県吉野郡吉野町吉野山)から蔵王権現を越後国黒川の蔵王山に勧請したのが始まりと伝えられています。金峰神社が所有する木造役行者坐像は元々蔵王山中腹に境内を構えていた役行者堂の本尊として鎌倉時代前期に制作されたと推定されるもので、杉材、寄木造、彫眼、彩色仕上げ、新潟県内に残る役行者像の顕著な遺例として貴重な事から昭和60年(1985)に新潟県指定文化財に指定されています。
・八海山・新潟県
・南魚沼市
・伝承によると役行者小角や弘法大師空海は八海山に登拝し山頂で厳しい修行を行ったと伝えられています。中腹に鎮座している八海神社では現在も火渡りの荒行が行われ、当時の様子を伝えています。
・下の行者の
大ケヤキ
・新潟県
・十日町市
・大ケヤキの根本に役行者を祭る祠が建立されている事が名称の由来になっているようです。隣の集落である「上の行者」では役行者の石碑がある事から当地域では信仰の対象になっていた事が窺えます。
・苗場山・新潟県
・湯沢町
・苗場山の山頂付近に設けられた山小屋にある大岩は役行者と刻まれた石碑が建立されています。詳細は判りませんが、修験僧が開祖を思い建立したのかも知れません。
・稲荷神社・新潟県
・加茂市
・稲荷神社には4躯の役行者像を所有しています。1組は文化7年(1854)に制作されたもので、像高約60cm、桧材、寄木造。もう1組は嘉永7年(1854)に制作されたもので、像高約30cm。稲荷神社の前身である大龍院は修験道だったようで、開祖である役行者が信仰の対象になったようです。
・二王子岳・新潟県
・新発田市
・伝承によると役行者が二王子岳を登拝し開山した際、一王子に熊野権現、二王子に不動明王、三王子に蔵王権現、奥の院に大黒天と毘沙門天を勧請し、弟子をそのまま二王子岳の麓に住まわせ奉斎させたと伝えられています。
スポンサーサイト
[ 越後国一宮(弥彦神社・居多神社・天津神社) ]・[ 豪農の館(伊藤家・市島家・笹川家など) ]・[ 越後四ケ道場(耕雲寺・雲洞庵・種月寺・慈光寺) ]・[ 城氏領内三ヵ寺(乙宝寺・華報寺・法音寺) ]・[ 村松藩五社(矢津八幡宮・住吉神社・日枝神社・神明宮・春日神社) ]・[ 良寛和尚・史跡(西生寺・国上寺・五合庵など) ]・[ 新潟県の日本三大(菅谷不動尊・弥彦神社・高田城) ]・[ 新潟県の温泉街(瀬波・岩室・村杉) ]・[ 新潟県の温泉街(出湯(五頭温泉郷)・月岡) ]・[ 行基菩薩1 ]・[ 行基菩薩2 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 新潟県の伝統的・町並み(小俣宿・高田城・与板城) ]・[ 新潟県の伝統的・町並み(津川宿・下関宿・出雲崎宿) ]・[ 松尾芭蕉:奥の細道(越後路:乙宝寺・弥彦神社・西生寺) ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 新潟県の本殿 ]・[ 新潟県の拝殿 ]・[ 新潟県の本堂 ]・[ 新潟県の御堂 ]・[ 建築物(国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定有形文化財) ]・[ 弘法大師空海 ]・[ 役行者 ]・[ 泰澄大師 ]・[ 慈覚大師円仁 ]
※ 「全国の役行者:縁の社寺」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。