新潟県の温泉街2

新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟県の温泉街2

新潟県の温泉街:一覧(出湯温泉・五頭温泉郷・月岡温泉)

五頭・出湯温泉

出湯温泉:温泉街・写真
[ 出湯温泉:温泉街 ]
出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真 出湯温泉:温泉街・写真
出湯温泉新潟県阿賀野市)の最も奥地に境内を構える華報寺は古刹として知られ、温泉街であると同時の門前町的な要素もあります(華報寺は乙宝寺法音寺と共に城氏領内三ケ寺に数えられています)。華報寺の前身である海満寺は大同元年(806)に弘法大師空海により開かれた寺院で、境内にある共同温泉の源泉は空海が錫丈を地面に突き刺した際に湧き出た霊泉とされ、新潟県内の温泉地としては最も古い時代に開湯した温泉の部類にあたります。特に「寺湯」と呼ばれアトピー性皮膚炎に功能があるとされます。源泉は約38度とやや低いですが、そのまま利用しじっくり入湯する事に適しているそうです。江戸時代に入ると出湯温泉の名声も高まり、温泉の番付表である「諸国温泉功能鑑」には、「越後出湯の泉」として前頭に格付けされています。

月岡温泉

月岡温泉:温泉街・写真
[ 月岡温泉:温泉街 ]
月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真 月岡温泉:温泉街・写真
月岡温泉新潟県新発田市)は大正時代に石油採取調査した際に偶然に源泉を発見したもので、特に美肌に功能があるされる硫黄成分が顕著である事から磐梯熱海温泉(福島県郡山市)、いわき湯本温泉(福島県いわき市)と共に磐越三美人湯の1つとして有名になりました。大型温泉旅館や、ホテルが多い為、風情ある温泉街という訳ではありませんが、温泉を利用した町づくりには積極的なようです。

[ 越後国一宮(弥彦神社・居多神社・天津神社) ]・[ 豪農の館(伊藤家・市島家・笹川家など) ]・[ 越後四ケ道場(耕雲寺・雲洞庵・種月寺・慈光寺) ]・[ 城氏領内三ヵ寺(乙宝寺・華報寺・法音寺) ]・[ 村松藩五社(矢津八幡宮・住吉神社・日枝神社・神明宮・春日神社) ]・[ 良寛和尚・史跡(西生寺・国上寺・五合庵など) ]・[ 新潟県の日本三大(菅谷不動尊・弥彦神社・高田城) ]・[ 新潟県の温泉街(瀬波・岩室・村杉) ]・[ 新潟県の温泉街(出湯(五頭温泉郷)・月岡) ] ・[ 行基菩薩1 ]・[ 行基菩薩2 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 出羽街道 ]・[ 新潟県の伝統的・町並み(小俣宿・高田城・与板城) ]・[ 新潟県の伝統的・町並み(津川宿・下関宿・出雲崎宿) ]・[ 米沢街道・町並み ]・[ 松尾芭蕉:奥の細道(越後路:乙宝寺・弥彦神社・西生寺) ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 新潟県の本殿 ]

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「宮城県の歴史」、「奥州街道」、「郷土資料辞典−新潟県」、「日本の城下町−東北(二)」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「歴史道路報告書」、を参考にさせていただいています。