五泉市: 春日神社

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>五泉市:歴史・観光・見所>春日神社

概要・歴史・観光・見所
春日神社(五泉市)概要: 春日神社の創建は不詳ですが伝承によると弘仁5年(814)に勧請されたのが始まりと伝えられています。当初は本堂町端に鎮座していましたが、元和元年(1615)に春日山西方に遷座し、正保2年(1645)に現在地に遷座しています。春日町の産土神として信仰され、江戸時代に入ると村松藩(藩庁:村松城)の藩主堀家の崇敬社となり神明宮日枝神社住吉神社矢津八幡宮と共に村松藩五社(五社制度は元文4年:1739年に成立)の1つに数えられ崇敬庇護されました。拝殿は寄棟、鉄板葺、平入、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り、素木板張り。本殿は拝殿背後の高台に位置し三間社流造、銅板葺、素木造。祭神は天児屋命(春日権現、春日大明神)、武甕槌命、経津主命。詳細は分かりませんが、祭神の天児屋命は中臣氏の祖神で藤原家の祖が中臣鎌足である事から天児屋命を祀る春日大社(奈良県奈良市春日野町)を藤原家の氏神としました。松村堀家は血流としては清和源氏の斯波氏族庶流奥田氏ですが堀直政の代に藤原姓を賜っており、その関係性から春日神社が崇敬社になったと思われます。

春日神社:写真

春日神社
[ 付近地図: 新潟県五泉市 ]・[ 五泉市:歴史・観光・見所 ]
春日神社 春日神社 春日神社 春日神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。