三条市: 安養院

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>三条市:歴史・観光・見所>安養院

概要・歴史・観光・見所
安養院(三条市)概要: 鉄宮山来迎寺安養院の創建は久安2年(1146)に開かれたのが始まりと伝えられています。明応年間(1492〜1500年)に法印英さん(和歌山県:根来寺)を迎えて法相宗から真言宗に改宗し、元和3年(1617)に当初の下田村大蒲馬場から一ノ木戸に移り中興しています。寺宝の木造十一面観音菩薩立像(伝:行基菩薩作)は平安時代末期に制作されたものと推定される仏像で像高33.3cm、檜材、一木造、同様な仏像は三条市内では極めて少なく貴重な事から平成24年(2012)に三条市指定有形文化財(彫刻)に指定されています。又、木造十一面観音菩薩立像は現在は本尊である阿弥陀如来像の脇侍ですが安養院が法相宗の寺院だった時代の本尊だったと推定され当時の白山信仰(白山神の本地仏は十一面観音とされます。)の名残が見られます。越後八十八ヶ所霊場第44番札所(本尊:阿弥陀如来像・御詠歌:五十嵐の 里なる阿弥の 鉄宮山 彼の岸渡る 頼りとやせん)。越後薬師霊場第13番札所(札所本尊:薬師如来)。山号:鉄宮山。寺号:来迎寺。宗派:真言宗智山派。本尊:阿弥陀如来。

安養院:写真

安養院
[ 付近地図: 新潟県三条市 ]・[ 三条市:歴史・観光・見所 ]
安養院 安養院 安養院 安養院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。