三条市: 如法寺

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>三条市:歴史・観光・見所>如法寺

概要・歴史・観光・見所
如法寺(三条市)概要: 中海山如法寺の創建は延暦年間(782〜805年)に開山されたと伝わっています。当初は信濃川の東51ケ寺の本寺として寺運も隆盛し弥勒院と称していました。戦国時代の混乱により衰退しましたが天正5年(1577)に雲清和尚が中興開山し、文禄年間(1592〜1595年)に薬師堂を建立しています。

如法寺の本尊である木造観音菩薩立像は"長嶺の薬師さま"と呼ばれ近隣住民から信仰の対象となっている古仏で、制作年は室町時代後期、像高118p、桧材、寄木造り、漆箔仕上げ、宝冠、玉眼、安南弥(安南弥とは鎌倉時代の仏師、快慶の事から製作年代が合わず、単に快慶にあやかって銘に書かれたと思われます。)によって彫り込まれたとの伝承、平成17年(2005)に三条市指定文化財に指定されています。

山門は寄棟、銅板葺、三間一戸、八脚単層門、外壁は朱色、左右に朱色に仕上げられた仁王像安置。観音堂は木造平屋建て、入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り板張り、木部朱塗り。本堂は木造平屋建て、寄棟、銅板葺、平入、桁行10.5間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り押縁押さえ、入口両脇の開口部は花頭窓。越後八十八ヶ所霊場第四十七番札所(札所本尊:正観世音菩薩・御詠歌:鐘の音 遠く響きて 朝明の 山里すがし 長嶺の寺)。越後薬師霊場第12番札所(札所本尊:薬師如来)。山号:中海山。宗派:真言宗智山派。本尊:正観世音菩薩。

如法寺:写真

如法寺
[ 付近地図: 新潟県三条市 ]・[ 三条市:歴史・観光・見所 ]
如法寺 如法寺 如法寺 如法寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。