三条市: 堤清六生家

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>三条市:歴史・観光・見所>堤清六生家

概要・歴史・観光・見所
堤清六生家(三条市)概要: 堤清六は三条出身で明治時代から堤清六生家昭和初期にかけての実業家、政治家として知られています。清六は日露戦争の際、満州に渡ると世界的な視野を得て、帰国後に「堤商會」を創立、さらに北海道やカムチャッカ半島の漁場を開拓し水産加工工場を建設して後に大企業となる日魯漁業株式会社の祖を築きました。又、政治家としての一面も持ち衆議院議員を2度当選しています。昭和6年(1931)9月12日に死去、享年51歳、菩提寺極楽寺、戒名:淨雲院清慈海蒼龍大居士。屋敷跡は三条市に寄贈され平成9年(1997)に堤邸の一部を移築して「蒼龍庵」を設置しています。

堤清六生家:写真

堤清六生家
[ 付近地図: 新潟県三条市 ]・[ 三条市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。