三条市: 五十嵐神社

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>三条市:歴史・観光・見所>五十嵐神社

概要・歴史・観光・見所
五十嵐神社(三条市)概要: 五十嵐神社は新潟県三条市飯田に鎮座している神社です。五十嵐神社の創建は不詳ですが頸城、上田郷、下田郷の開拓者五十日帯彦命(第11代垂仁天皇の第8皇子)の古墳(御陵墓伝説地)の上に鎮座し、五十日帯彦命が祭神として祀られている事から古くから周囲の産土神として信仰されてきたと思われます。延長5年(927)にまとめられた延喜式神名帳に記載されてる蒲原郡十三座の一つ"伊加良志神社"の論社で中世、長く当地を支配した五十嵐氏からは氏神として崇敬されました。ただし、三条市北五百川字宮地に鎮座している八木神社も式内社伊加良志神社の論社とされます。当初は五十嵐家の氏神として館内(五十嵐館)に鎮座していましたが(鬼門鎮護の為、館から北東方向に鎮座していたとも)、江戸時代初期に館が排され丘陵地に遷座し明治7年(1874)に現在地に遷座再建されました。

上杉家の跡継ぎ争いである「御舘の乱」で、五十嵐氏は敗北した上杉影虎方に与した事で没落し、当社も衰微しましたが、江戸時代に入ると村松藩新潟県五泉市:本城−村松城)の藩主堀家から庇護され社領1反四畝が安堵されていました。古くから神仏習合し、往時は「若一王子」と呼ばれていましたが、明治時代の神仏分離令を経て社号を五十嵐神社に改め、明治5年(1872)に村社、大正2年(1916)に県社に列しています。社宝に那須与一(五十嵐小文治吉辰は武芸に優れ、弓の名手だった那須与一と親交があったとされます。)が使用したとされる木盃、空海筆伝"若一王寺"の額、小野道風書伝の額などがあります。五十嵐神社拝殿は木造平屋建て、切妻、銅板葺き、平入、桁行7間、外壁は真壁造板張り。本殿は覆い屋内部の為に不詳。神楽殿は入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行2間、張間2間、外壁は柱のみの吹き放し、朱色に塗られた高欄付き、五十嵐神社の祭礼の際には「稚児舞」が奉納されます。。祭神は五十日帯彦命。合祀神:大ひるめの尊、大山祇命、応神天皇、建御名方命、倉稲魂命。

五十嵐神社:写真

五十嵐神社
[ 付近地図: 新潟県三条市 ]・[ 三条市:歴史・観光・見所 ]
五十嵐神社 五十嵐神社 五十嵐神社 五十嵐神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。