阿賀野市: 吉田東伍生家(旧旗野家)

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>阿賀野市:歴史・観光・見所>吉田東伍生家

概要・歴史・観光・見所
吉田東伍生家(旧旗野家)概要: 「大日本地名辞書」の著者で日本歴史地理学創始者の吉田東伍は安田町の旗野家で生まれました。旗野家は安田町で代々庄屋を勤める家柄で町の中でも街道が交差する十字路の一角を占め「角屋」の屋号があり、江戸時代後期になると林業や醸造業まで家業を広げ豪商の立場を確立していきました。東伍は明治17年(1884)に吉田家に養子となり結婚し吉田姓となり、その後、教員などを経て、明治23年(1890)に北海道に渡り、様々な史論を発表し歴史家としての地位を確立しました。現在の建物は木造平屋建、切妻、平入り、瓦葺、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り押縁押さえ、四周は高さの異なる下屋庇が備えられています。商家建築で店部分の脇に大きな棟門があり広い座敷の前には広縁があり庭園を眺める事が出来、当時の繁栄ぶりがわかります。内部の座敷は欄間の透かし彫りや障子戸など精緻な意匠が施されているものの派手さを押えた洗練されたもので中庭との一帯感が感じられます。現在は吉田東伍記念館として一般公開しています。

吉田東伍生家:写真

吉田東伍生家
[ 付近地図: 新潟県阿賀野市 ]・[ 阿賀野市:歴史・観光・見所 ]
吉田東伍生家 吉田東伍生家 吉田東伍生家 吉田東伍生家


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。