魚沼市: 西福寺

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>魚沼市観光>西福寺

概要・歴史・観光・見所
西福寺(魚沼市)概要: 赤城山西福寺は新潟県魚沼市大浦に境内を構えている曹洞宗の寺院です。西福寺は室町時代後期の天文3年(1534)に春日山城(新潟県上越市)の城主上杉謙信が創建、芳室祖春大和尚が開山したの始まりと伝えられています。当初は大和町に境内を構え岩松庵と称し天台宗の寺院でしたが、江戸時代中期の元文3年(1738)に現在地に移り西福寺と改称し曹洞宗に改宗し再興されました。本堂は江戸時代後期の享和2年(1802)に再建されたもので入母屋、銅板葺き、間口10間、向拝などなく禅宗様式を伝える建物で、内部の欄間には石川雲蝶が彫り込んだ彫刻、襖は狩野松州が描いた襖絵などがあります。又、雲蝶は絵師としても優れ本堂の襖絵「牡丹に孔雀」、「牡丹にうそ鳥」、「三請の礼」、書院障子の「三保の松原」は雲蝶の作とされます。

西福寺開山堂は二十三世大龍和尚の発願により建てられたもので江戸時代後期の嘉永5年(1852)〜安政4年(1857)にわたって工事が行われます。棟梁は長岡出身の宮大工、森与市左衛門と弟子鈴木半左衛門他2名で入母屋、茅葺、二重屋根、桁行5間、梁間5間、総欅造り、一間の向拝屋根は唐破風になっていて欄間や蟇股、木鼻には石川雲蝶が彫り込んだ烏天狗、鳳凰、獅子、象などの彫刻が施されています。内部の天井は透かし彫り極彩色で仕上げられた雲蝶作の「道元禅師猛虎調伏の図」(約縦5.4m、横5.4mの天井:曹洞宗の開祖、道元禅師の故事)、欄間には「永平寺血脉池縁起」、「道元禅師一夜碧巌」、「道元禅師道に病む」、「道元禅師帰朝の船風難に遭う」の彫刻が施されて、当初山門に安置されていた仁王尊像も堂内に移されています。

石川雲蝶が施した彫刻の素晴らしさから日光東照宮(栃木県日光市)と比べられ「越後日光開山堂」とも呼ばれます。西福寺開山堂の彫物は日本のミケランジェロとも称された石川雲蝶の作品の遺構で意匠的にも優れていることから昭和48年(1973)に新潟県指定重要文化財に指定されています。又、鐘楼には石川雲蝶と並び称された熊谷源太郎作の「獅子」、「鷹と雀」、「竜」、「鶴」などの彫刻が施され、新潟出身の土屋忠左衛門が鋳造した梵鐘が下げられています。山号:赤城山。宗派:曹洞宗。本尊:阿弥陀如来。

西福寺:写真

西福寺境内正面に設けられた山門(赤門)と石造戒壇石(禁葷酒)と火除け地蔵
[ 付近地図: 新潟県魚沼市 ]・[ 魚沼市:歴史・観光・見所 ]
西福寺山門から見た境内 西福寺境内から見た本堂正面写真 西福寺境内に設けられた鐘楼と梵鐘 西福寺境内に作庭された庭園写真 西福寺開山堂正面の写真
西福寺開山堂向拝に施された石川雲蝶の彫刻写真 西福寺開山堂向拝木鼻に施された象と童子と獅子の写真 西福寺開山堂向拝蝦虹梁と手挟の写真 西福寺開山堂向拝欄間に施された烏天狗と懸魚の鳳凰の写真 西福寺開山堂向拝木鼻に施された象と童子と獅子の写真写真
西福寺開山堂外壁欄間に施された中国故事の彫刻写真 西福寺開山堂全景左斜め前方写真 西福寺参道に設けられた山門(白門)写真 西福寺の鎮守社である白山神社写真 西福寺本堂外壁写真


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。