新潟市: 旧笹川家住宅(豪農の館)

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟市:歴史・観光・見所>旧笹川家住宅(豪農の館)

概要・歴史・観光・見所
旧笹川家住宅(新潟市)概要: 笹川家は当初、現在の長野県飯山市付近にあった笹川村を領していましたが初代武田治右衛門源義勝が戦国時代に当地に移り住み笹川家を名乗るようになったと伝えられています(武田義勝は武田信玄の弟である武田信繁の長男で、当地では武田家滅亡後、上杉景勝(春日山城の城主)を頼りこの地に土着したと伝えられています。一般的には義勝は望月家の養子となり望月信頼を名乗り永禄4年:1561年、川中島の戦いの傷が元で病死したとされます。享年18歳)。慶安2年(1649)、3代彦左衛門源信秀の時に村上藩(新潟県村上市)から味方郷8ヵ村(味方・白根・板井・木場・黒鳥・北場・亀貝・小新)8千石を統治する大庄屋に任命され、以後、明治維新まで笹川家が大庄屋を歴任しました。大庄屋とは各村々の庄屋を束ねる存在で、村上藩(藩庁:村上城)からの命令を遂行する立場にあり、年貢の徴収や、裁判権、治安維持を持ち、新田開発や治水事業など地域の開発も積極的に行いました。その為、農民ではなく郷士と呼ばれ身分が高く、常に役人などとも接触がある事から屋敷には表門や式台付きの玄関、上段の間などが設けられました。特に玄関から三の間、次の間、上段の間は床の間や違い棚、床柱、長押、欄間など格式の高い造りで、それらを囲むように畳敷きの広縁、土縁があり庭園とも一体になれるように工夫されています。さらに、旧笹川家住宅は住居であると同時に地域を治める役所(役宅)でもあり御用帳場などの公の仕事部屋もありました。

現在の建物は江戸時代後期の文政2年(1819)の火災後に再建されたもので(表門は寛政11年:1799年建築)、棟梁は村松出身の宮大工小黒杢右衛門が手懸けています。旧笹川家住宅は現存する大庄屋屋敷(豪農の館)の中でも有数規模があり保存状態も良い事から昭和24年(1949)に国指定重要美術品に認定され、昭和29年(1954)に国指定重要文化財に指定されています。

旧笹川家住宅の国指定重要文化財
・ 米蔵-慶応3年-土造平屋、置屋根、切妻、桟瓦葺、桁行21.8m、梁間6.4m
・ 表座敷及び台所-文政9年-木造平屋、寄棟、銅板葺、桁34.3m、梁17.6m
・ 三戸前口土蔵-文政3年-土造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行19.6m、梁間6.2m
・ 飯米蔵-江戸時代末期-土造平屋建、切妻、桟瓦葺、桁行6.4m、梁間4.5m
・ 居室部-文政4年-木造2階建、寄棟、銅板葺、桁行26.5m、梁間13.0m
・ 表門-寛政11年-長屋門、切妻、茅葺、桁行6.7m、梁間3.4m
・ 井戸小屋-明治時代-木造平屋建、切妻、桟瓦葺、桁行4.4m、梁間2.7m
・ 雑蔵-江戸時代後期-木造平屋建、切妻、桟瓦葺、桁行14.5m、梁間5.5m
・ 外便所-明治時代-木造平屋建、片流、桟瓦葺、桁行17.5m、梁間1.9m
・ 奥土蔵-江戸時代後期-土造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行10.1m、梁間5.4m
・ 文庫-江戸時代後期-土造2階建、切妻、桟瓦葺、桁行7.0m、梁間3.8m
・ 宅地及び墳墓地-14252.24u−堀・土塁・板塀・裏門・庭塀など

旧笹川家住宅:写真

旧笹川家住宅
[ 付近地図: 新潟県新潟市 ]・[ 新潟県:古民家建築 ]・[ 豪農の館 ]
旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅
旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅
旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅
旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅
旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅 旧笹川家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。