上越市: 林泉寺

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>上越市:歴史・観光・見所>林泉寺

概要・歴史・観光・見所
林泉寺(上越市)概要: 春日山林泉寺は新潟県上越市中門前1丁目に境内を構えている曹洞宗の寺院です。林泉寺の創建は明応6年(1497)に当時の越後守護代長尾能景が父親の17回忌供養の為、帰依していた曇英恵応(室町時代の曹洞宗の僧、雙林寺、最乗寺などの名刹の住職を歴任)を招き開山したのが始まりとされます。以来、守護代長尾家、後裔の上杉家の菩提寺として庇護され寺運も隆盛し春日城の城下で大きな影響力を持ちました。天文5年(1536)、上杉謙信(当時は虎千代)が7歳の時、林泉寺に預けられ住職である天室光育から教育された事は有名で剃髪や謙信の名も林泉寺から授けられています。慶長3年(1598)、謙信の後を継いだ上杉景勝が鶴ヶ城(福島県会津若松市)へ移封になった際、庇護者を失いましたが新たに春日山城の城主になった掘秀政の菩提寺として庇護されます。

一方、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで敗北した上杉景勝は米沢城(山形県米沢市)に移封になり景勝の実母である仙洞院が元和3年(1617)に林泉寺14世万安大悦を招聘して米沢城下でも林泉寺が創建されています(上杉家の移封直後に随行しなかったのは不思議に感じますが、謙信の葬儀も真言宗で行われており、曹洞宗の林泉寺は距離が置かれていたのかも知れません)。米沢の林泉寺は、藩主が個別に埋葬(謙信や景勝など歴代米沢藩主は個別に霊廟が設けられ大乗寺、法音寺により管理された)されていたので正確には菩提寺ではありませんが多くの上杉家の一族や関係者の墓碑が建立されています。春日山に残った林泉寺はその後も歴代高田藩(藩庁:高田城)の藩主となった堀家、松平家、榊原家の菩提寺として庇護され、徳川秀忠から寺領224石の朱印状を受け取り繁栄しました。

林泉寺の境内には春日山城の裏門を移築したと伝わる総門(切妻、茅葺、一間一戸、四脚門、上越市指定文化財)を始め、上杉謙信や、歴代藩主の墓碑(掘秀政・掘秀治・掘秀重・長尾為景・長尾能景・松平土佐・松平綱賢・榊原政岑・榊原政賢)、川中島の戦いで戦士者の供養など多くの史跡があります。宝物殿には長尾家、上杉家、歴代藩主縁の品が保管展示され、特に上杉謙信書翰、上杉謙信が自ら筆したとされる扁額(春日山)、扁額(第一義)は上越市指定文化財に指定されています。山門は近年造営されたもので、入母屋、銅瓦棒葺、三間一戸、八脚二重楼門、領主の菩提寺として相応しい偉容を誇っています。山号:春日山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼仏。

林泉寺の文化財
・ 上杉謙信書翰−戦国時代、縦165cm、横56cm−上越市指定文化財
・ 扁額「春日山」(謙信著)−戦国時代、縦130cm、横252cm−市指定
・ 扁額「第一義」(謙信著)−戦国時代、縦130cm、横252cm−市指定
・ 林泉寺惣門−室末〜江初−切妻、茅葺、扁額「雲岫館」−上越市指定

林泉寺:写真

林泉寺境内正面に設けられた総門と石造寺号標
[ 付近地図: 新潟県上越市 ]・[ 上越市:歴史・観光・見所 ]
林泉寺参道から見た山門(楼門) 林泉寺山門(楼門)から見た境内 林泉寺本堂正面と石燈篭 林泉寺境内に建立されている上杉謙信公の御墓
林泉寺:謙信公御墓所入口 林泉寺境内に設けられた鐘楼と梵鐘 林泉寺本堂向拝と外壁 林泉寺境内越に見える宝物館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。