新発田城

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新発田市:歴史・観光・見所>新発田城(菖蒲城・舟形城)

概要・歴史・観光・見所
新発田城(菖蒲城・舟形城)概要: 新発田城の築城年は不詳ですが鎌倉幕府の御家人として当地域に配された佐々木盛綱の後裔とされる加治氏の支族である新発田氏が居館として築いたとされます。新発田城は本丸の形状から「舟形城」、城の周囲が湿地帯で菖蒲の自生地だった事から「菖蒲城」、湿地帯から見ると城が水面に浮かんでいるように見えた事から「浮舟城」、狐が尾を引きながら城の縄張りを教えた事から「狐尾曳ノ城」との別称があります。南北朝時代以降に新発田氏が独立したと見られ古文書にも度々散見されるようになり、戦国時代に入ると有力国人領主として一目置かれる存在になっていました。上杉謙信が台頭するとその指揮下に入り、春日山城新潟県上越市)門番や外交などの重責を担当し七手組大将の一人に数えられるなど有力家臣として位置づけられ上杉家臣団の中では第9位、揚北衆の中では第2位に位置しました。

【 御館の乱と新発田重家の乱 】新発田重家は当初は新発田家から離れ五十公野家の養子として五十公野治長を名乗っていました。上杉謙信に従い、関東進出など主要な合戦に従軍、天正6年(1578)に上杉謙信が病死すると、甥で養子の上杉景勝と小田原北条氏から養子となった上杉影虎が家督を争い、所謂「御館の乱」が発生、越後領内は2手に分かれ争乱となり新発田長敦は五十公野治長(長敦の弟)と共に景勝の勝利に大きく貢献します(特に武田勝頼との和平交渉を成功させた事は景勝勝利を決定付ける最大の要素とされます)。そのような中、同じく影勝方として活躍した兄である新発田長敦(七手組大将の一人)が死去し、治長が新発田家を継ぎ重勝と名前を改め、新発田家と五十公野家の遺領を引き継ぐ立場となりました。御舘の乱が終結し景勝が勝利すると、当然それなりの恩賞が与えられるはずでしたが、内乱により上杉家自体が弱体化し、謙信の時代に築き上げた盤図が大きく縮小、さらには、子飼いだった上田出身の家臣を重用し恩賞を与えた事で重家には全く恩賞が与えられないだけでなく占拠していた三条領まで取り上げられるという考えられない事態となりました。

天正9年(1581)、重家は芦名家と伊達家の後ろ盾を得た事で、反旗を鮮明にして上杉領に侵攻、新潟港(新潟県新潟市)周辺を掌握し支城となる新潟城を築城し頑強に抵抗を始めました。家督争いから家臣(新発田家)の反乱により上杉家が大きく弱体化した為、織田信長の家臣柴田勝家などが越後に侵攻し、あと数日で春日山城に辿り着くまで追い込まれましたが、天正10年(1582)に上杉家の同盟者である武田家が織田家の侵攻により滅亡すると、織田軍は越後への侵攻を開始し景勝も窮地に立たされましたが、同年に本能寺の変で信長が倒れると当面の危機は脱しました。その後、景勝は豊臣秀吉に従う事で後方の憂いを無くし、積極的に重家を打とうと兵を送りますが悉く敗退し新発田方有利に推移いました。しかし、天正12年(1584)に芦名盛隆、天正13年(1585)に伊達輝宗が死去した事で同盟関係が崩れ、次第に追い込まれる事態に陥りました。天正15年(1587)、重家は最後まで籠城し抵抗しましたが、弟が守る五十公野城が落城すると新発田城は孤立無援となり、最後は敵陣に突っ込み自刃して果て新発田城も落城したと伝えられています。

【 新発田藩の藩庁 】: 上杉家の支配下での詳細は不詳ですが、廃城か、又はそれに近い状況だったと思われ大きな役割を果たす事は無かったと思われます。文禄4年(1595)、上杉景勝は五大老に就任、慶長2年(1597)には加増を受け120万石の大大名として居城を春日山城(新潟県上越市)から会津鶴ヶ城(福島県会津若松市)に移すと、春日山城には掘秀治が新発田城には溝口伯耆守秀勝が6万石で入ります。秀勝は現在の五十公野御茶屋に仮宅邸を設け、新発田城が完成するまでそので政務をとります。慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの際、秀勝は徳川方(東軍)に与し、豊臣方(西軍)に与した上杉家が画策した上杉遺民一揆(上杉棄民一揆)の鎮圧に尽力した事で本領が安堵され新発田藩を立藩、以後、藩庁、藩主居館が整備され明治維新に至るまで溝口家が城主(藩主)を歴任しています。江戸時代末期に発生した戊辰戦争では当初、奥羽越列藩同盟に調印ましたが早々と新政府軍に合流し為、新発田城は大きな被害はありませんでした。

しかし、明治6年(1873)に廃城令によりほとんどの施設が破却され新発田城の主要部分が陸軍の歩兵第16連隊が設置され現在でも陸上自衛隊の新発田駐屯地となっています。新発田城下は戊辰戦争などの戦災は受けなかったものの、地方の中心都市として近代化政策を採った為、比較的に伝統的な町屋建築が軒を連ねる古い町並みは余り見られませんが、武家屋敷の遺構である足軽長屋(新発田市)や旧石黒家住宅などが残され、旧藩主下屋敷の清水園、郊外には五十公野御茶屋などの史跡が点在しています。新発田城は平成18年(2006)に日本100名城に選定されています。

【 新発田城の縄張り 】: 新発田城は本丸を中心として渦郭式、梯郭の平城で、本丸を東方、南方とL字形で囲うように二ノ丸、西方を古丸(二ノ丸)が配され、二ノ丸の東方に三ノ丸、二ノ丸と三ノ丸の南方に外郭があり武家屋敷街となっています。新発田川の流れを利用した平城で本丸を中心に2重の堀があり、本丸の北西隅には天守の代わりとなる複合式層塔型3層3階櫓(入母屋造りで片側だけに千鳥破風を設けている為、3匹の鯱があがる特異な建物として知られています)をはじめ、鉄砲櫓、折掛櫓、藩主御殿、新発田藩庁があり二ノ丸には東櫓、西櫓、大手中ノ門脇櫓、西ノ門脇櫓、家老屋敷、講堂、学寮、三ノ丸には大手櫓、武家屋敷、古丸には二ノ丸隅櫓、丑寅櫓、庭園、御米蔵所がありました。三ノ丸の南先端が大手筋となり、参勤交代で利用した越後街道(会津街道)と繋がっていました。城下を取り巻く周囲は低湿地帯として新田開発などを行わず天然の外堀に見立て、櫓の壁は日本海側の城郭建築で見られる海鼠壁が採用され積雪対策としました。

【 新発田城の城下町 】: 新発田城の三ノ丸内が上級武士、外堀に張り付くように中級武士の武家屋敷街があり、それを取り巻くように下級武士の武家屋敷街が配されています。大手筋から藩主の参勤交代で利用し新発田城下と会津城下(福島県会津若松市)を結ぶ越後街道(会津街道)沿いは溝口家の菩提寺である宝光寺託明寺、新発田氏の菩提寺である福勝寺など有力寺院による寺町が構成され、城下町で出入り部には足軽長屋や藩主別邸である清水園などを配して守りを固め現在でも落ち着いた町並みが見られます。本丸の北東方向の郭外には鬼門鎮護と出城的な役割として溝口秀勝が篤く帰依し祈願所とした宝積寺(宗派:真言宗智山派・本尊:十一面観音)が配され、新発田川に沿って商人町が形成されていました。

【 本丸表門:概要 】: 現存する新発田城本丸表門は新発田藩3代藩主溝口宣直時代の寛文8年(1668)に火災で焼失後の享保17年(1732)に再建された建物です。寛文8年(1668)の火災は新発田城の三の丸が出火元となり、本丸の鉄砲櫓と丑寅櫓以外の施設は略全焼する大火災となり大きな被害を受けました。明治4年(1871)の廃藩置県により新発田藩は廃藩となり、明治6年(1873)の廃城令により新発田城の設けられていた櫓11棟、櫓門5棟、御殿など施設の殆どが破却、払い下げとなり城内は陸軍の歩兵第16連隊の屯所として整備され僅かに二の丸隅櫓と本丸表門だけが残されました。新発田城本丸表門は入母屋造、本瓦葺、桁行9間(16.32m)、梁間3間(5.45m)、上層部は大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁仕上げ、正面石落とし付、下層部に潜戸付、櫓門形式、数少ない新発田城の遺構として大変貴重な事から昭和32年(1957)6月18日に国指定重要文化財に指定されています。

【 二の丸隅櫓:概要 】: 現存する新発田城二の丸隅櫓は新発田藩3代藩主溝口宣直時代の寛文8年(1668)に火災で焼失後に再建された建物です。寛文8年(1668)の火災は新発田城の三の丸が出火元となり、本丸の鉄砲櫓と丑寅櫓以外の施設は略全焼する大火災となり大きな被害を受けました。明治4年(1871)の廃藩置県により新発田藩は廃藩となり、明治6年(1873)の廃城令により残された新発田城の施設の殆どが破却、払い下げとなり城内は陸軍の歩兵第16連隊の屯所として整備され僅かに二の丸隅櫓と本丸表門だけが残されました。二の丸隅櫓は昭和32年(1957)に国指定重要文化財に指定された事を受けて、現在地である本丸南西隅の鉄炮櫓跡に移築保存される事になりました。新発田城二の丸隅櫓は木造2階建、二重二階櫓、入母屋、本瓦葺、桁行5間半、梁間4間半、大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は海鼠壁仕上げ、数少ない新発田城の遺構として大変貴重な事から昭和32年(1957)6月18日に国指定重要文化財に指定されています。

新発田城:本丸表門・二の丸隅櫓・写真

新発田城
[ 付近地図: 新潟県新発田市 ]・[ 新発田市:歴史・観光・見所 ]
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城
新発田城 新発田城 新発田城 新発田城 新発田城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。