村上市: 旧村上貯蓄銀行

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>村上市:歴史・観光・見所>旧村上貯蓄銀行

概要・歴史・観光・見所
旧村上貯蓄銀行概要: 旧村上貯蓄銀行は大正15年(1926)に建てられた近代建築で、昭和19年(1944)に第四銀行と合併して村上支店となり太平洋戦争後は村上市役所の施設として利用され現在は倉庫となっています。当時の銀行建築のような柱型が外壁面から張り出し華美なデザインが強調されているような神殿風とは異なり立体的には単純な構成になっています。地方にしては早い時期の鉄筋コンクリート造(平屋、陸屋根)で、内部を間仕切るような柱がなく、スクラッチタイル貼りにした外壁面には曲線を多用した大型な開口部を開けるなど昭和初期に流行ったアールデコ調の建物なのかも知れません。

旧村上貯蓄銀行:写真

旧村上貯蓄銀行
[ 付近地図: 新潟県村上市 ]・[ 村上市:歴史・観光・見所 ]
旧村上貯蓄銀行 旧村上貯蓄銀行 旧村上貯蓄銀行 旧村上貯蓄銀行


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。