村上市: 猿沢大満虚空蔵尊

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>村上市:歴史・観光・見所>猿沢大満虚空蔵尊

概要・歴史・観光・見所
猿沢大満虚空蔵尊(村上市)概要: 猿沢大満虚空蔵尊は新潟県村上市猿沢に境内を構えている御堂です。猿沢大満虚空蔵尊の創建は奈良時代の天平2年(730)、行基菩薩(奈良時代の高僧)が北国巡錫でこの地を訪れたの際住民の苦難を救う為、虚空蔵菩薩像を自ら彫り込み岩窟に祭ったのが始まりと伝えられています。平安時代後期の保元2年(1157)に雲上佐一郎(後白河天皇第3皇子)がこの地に下向した際、虚空蔵山の山頂に御堂を建立し虚空蔵菩薩像を安置し奥の院となりました。江戸時代初期の元和4年(1618)に村上城の城主堀直寄から信仰され、当時虚空蔵山が女人禁制だったことから山裾である現在地に拝殿を建立し遥拝所としました。境内は村上城下と鶴ヶ岡城下を結ぶ出羽街道の宿場町である猿沢宿沿いにあった為、往来する人々も参拝に訪れたと思われます。

現在の猿沢大満虚空蔵尊拝殿は江戸時代後期の弘化2年(1845)に焼失し弘化4年(1847)に再建したもので、入母屋、銅板葺、平入、桁行4間、梁間4間、正面1間唐破風向拝付、向拝欄間には竜虎、懸魚には鳳凰、木鼻には獅子、象の彫刻が施されています。内部には右に雲上佐一郎公を祀り、左に35仏を配し、本尊である虚空蔵菩薩像は秘仏として12年に1度開帳されます。猿沢大満虚空蔵尊は霊岩山圓蔵寺 (福島県柳津町) 、村松山日高寺(茨城県東海村)、千光山清澄寺(千葉県鴨川市)、朝熊山金剛證寺(三重県明和町)、智福山法輪寺(京都府京都市)、福一満虚空蔵菩薩(青森県八戸市)、当目山香集寺(静岡県焼津市)、金生山明星輪寺(岐阜県大垣市)などと共に日本三大虚空蔵尊の1つに数えられています。

猿沢大満虚空蔵尊:写真

猿沢大満虚空蔵尊
[ 付近地図: 新潟県村上市 ]・[ 村上市:歴史・観光・見所 ]
猿沢大満虚空蔵尊 猿沢大満虚空蔵尊 猿沢大満虚空蔵尊 猿沢大満虚空蔵尊


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。