村上市: 馬場館

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>村上市:歴史・観光・見所>馬場館

概要・歴史・観光・見所
馬場館(村上市)概要: 馬場館は新潟県村上市金屋字宮分に位置し、文献等に記載されていない為、築城年や城主(館主)、廃城年などは不詳。発掘調査などから15世紀(室町時代)に築かれたと推定された為、当時の領主黒川氏の家臣の居館だったと考えられています。館は周辺よりも若干高く、主郭、副郭の2郭で構成され土塁(高さ1.5m)と空堀(幅15〜20m、高さ1.7〜2m・一部池を利用)で分断されています。主郭の平面は歪な台形で北辺約60m、西辺約60m、南辺約40m、東辺約70m、面積約3500u(史跡範囲は約9220u)、2箇所の虎口があり数多くの焼物などの遺物が発見されています。副郭は主郭に比べると明瞭ではありませんが、大手口と思われる東虎口に隣接する事から馬出しとして機能していたと思われます。馬場館が廃城になった後に八幡宮が勧請された事で、神域の境内として大きく開発されなかった事から、現在でも土塁や空堀などの遺構が明確で中世の居館跡として貴重な事から平成16年(2004)に新潟県指定史跡に指定されています。

馬場館:写真

馬場館
[ 付近地図: 新潟県村上市 ]・[ 村上市:歴史・観光・見所 ]
馬場館 馬場館 馬場館 馬場館
馬場館 馬場館 馬場館 馬場館
馬場館 馬場館 馬場館 馬場館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。