新潟市: 北方文化博物館新潟分館

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟市:歴史・観光・見所>北方文化博物館新潟分館

概要・歴史・観光・見所
北方文化博物館新潟分館概要: 新潟分館は、明治28年(1895)出雲崎町尼瀬の西山油田開発によって財を成した清水常作の別邸として建てられものです。明治時代末期には六代伊藤文吉(新潟県を代表する豪農として知られ新潟市江南区沢海の本宅(旧伊藤家住宅)は明治時代の建物で現在は北方文化博物館の本館として一般公開され、多くの建物が国登録有形文化財に登録されています。)が新潟別邸となり、昭和21年(1946)からは曾津八一の宅邸として利用されました。北方文化博物館新潟分館の多くの建物は平成12年(2000)に国登録有形文化財に指定されています。

北方文化博物館新潟分館の国登録有形文化財
・ 煉瓦塀−大正4年-煉瓦造、高さ約3m、全長37m
・ 主屋-明治28年-木造2階建、寄棟、桟瓦葺、建築面積174u、数奇屋風
・ 茶室-大正14年-木造平屋建、寄棟、桟瓦葺、建築面積20u、三帖台目
・ 表門-大正4年-薬医門、腕木門形式、間口2.3m、銅板葺き
・ 洋館-昭和3年-木造2階建、寄棟、桟瓦葺、建築面積79u、ドイツ風モルタル
・ 待合-大正14年-木造平屋建、切妻、木羽葺、建築面積2.3u

北方文化博物館新潟分館:写真

北方文化博物館別館
[ 付近地図: 新潟県新潟市 ]・[ 新潟市:歴史・観光・見所 ]
北方文化博物館別館 北方文化博物館別館 北方文化博物館別館 北方文化博物館別館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。