新潟市中央区古町通: 愛宕神社

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟市:歴史・観光・見所>愛宕神社(中央区古町通)

概要・歴史・観光・見所
愛宕神社(新潟市)概要: 愛宕神社は新潟県新潟市中央区古町通に鎮座している神社です。愛宕神社の創建は江戸時代初期の慶長14年(1609)、愛宕信仰の本社である愛宕神社本宮(京都府右京区)の分霊を勧請したのが始まりとされます。当初は新潟浜村に鎮座していましたが明暦年間(1655〜1675年)に現在地に遷座しています。歴代長岡藩(藩庁:長岡城)の藩主牧野家から崇敬庇護され、江戸時代中期の享保6年(1721)には社領1060坪が寄進され、毎年の例祭の際には諸費用と祈祷料が奉納されました。当初から神仏習合し愛宕大権現などと呼ばれていましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が排され、村社に列しました。

現在の愛宕神社本殿は18世紀前期(1700年前半、牧野家から境内地が寄進された際に再建か?)に造営されたと推定されるもので、一間社流造。拝殿は江戸時代中期に建てられた建物で、木造平屋建て、宝形造、鉄板葺、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り板張り、向拝の木鼻に龍の彫刻が施されていますが華美な意匠が少なく再建以来改造も少ないとされます。愛宕神社社殿(本殿・拝殿)は新潟市内に残る神社建築の中でも古く貴重な事から平成13年(2001)に新潟市指定文化財に指定されています。祭神は火之迦具土神、伊邪那美尊、天熊大人。境内社:口之神社、稲荷神社。

愛宕神社:写真

愛宕神社境内正面に設けられた鳥居
[ 付近地図: 新潟県新潟市 ]・[ 新潟市:歴史・観光・見所 ]
愛宕神社拝殿正面と石燈篭 愛宕神社拝殿正面の格子戸 愛宕神社拝殿向拝に施された龍の彫刻 愛宕神社境内に設けられた石造社号標と石祠


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。