新潟市: 味方諏訪神社

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟市:歴史・観光・見所>味方諏訪神社

概要・歴史・観光・見所
味方諏訪神社(新潟市)概要: 味方諏訪神社は新潟県新潟市南区味方に鎮座している神社です。味方諏訪神社拝殿向拝に施された龍と象の彫刻諏訪神社の創建は不詳ですが古くから当地域の産土神として信仰されてきました。隣接する笹川家が信濃出身(伝承によると武田信玄の弟である武田信繁の長男武田義勝が笹川家の祖とされる)である事などから信濃とは繋がりが深く、信濃一之宮である諏訪大社の分霊が勧請されたと思われます。大庄屋だった笹川家から崇敬庇護され安永年間(1772〜1780年)には絵馬、天保年間(1830〜1844年)には釣燈籠等が寄進され、現在は味方集落の鎮守として年間5回の例祭が執り行われています。隣接する笹川家住宅は豪農の館として知られ国指定重要文化財に指定されています。祭神は建御名方富命。

現在の味方諏訪神社本殿は慶長16年(1611)に再建されたもので、一間社流造、こけら葺き、桁行1.53m、梁間1.39m、江戸時代初期の神社本殿建築の遺構で古くから覆屋内部にあった為保存状態が良く意匠的にも優れている事から昭和59年(1984)に味方村指定文化財、昭和61年(1986)に新潟県指定文化財に指定されています。拝殿は安政5年(1858)に建てられたもので木造平屋建て、入母屋、銅板葺、妻入、桁行4間、梁間2間、正面1間向拝付き、向拝木鼻には象、欄間には龍の彫刻が施されています。

味方諏訪神社:写真

味方諏訪神社境内正面に設けられた神橋
[ 付近地図: 新潟県新潟市 ]・[ 新潟市:歴史・観光・見所 ]
味方諏訪神社参道沿いに設けられた石鳥居と石造狛犬 味方諏訪神社参道石畳から見た拝殿と石燈篭 味方諏訪神社拝殿正面と石燈篭 味方諏訪神社拝殿左斜め前方
味方諏訪神社拝殿正面の格子戸 味方諏訪神社本殿と幣殿 味方諏訪神社本殿と透塀(玉垣) 味方諏訪神社拝殿側面から見た境内と参道


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。