新潟市: 椿家住宅(吉ヶ平民家)

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>新潟市:歴史・観光・見所>椿家住宅(吉ヶ平民家)

概要・歴史・観光・見所
椿家住宅(新潟市)概要: 椿家住宅は江戸時代中期から椿家住宅後期にかけて建てられたもので、木造平屋建、寄棟、茅葺(曲り部分は板葺、石置き)、平入、建築面積97u、平面は3間取で畳敷きの座敷(6帖)や板敷きの広間などがあり曲がり部は土間で厩になっています。建物周辺は新潟県の町屋建築で見られるような雁木造に似た構成で、雪害から建物を守ると同時に行動範囲を広くする工夫が見られます。当初は新潟県南蒲原郡下田村吉ヶ平に建てられていましたが、集落が廃村になった際、椿家から寄贈され現在地である北方文化博物館(旧伊藤家住宅・豪農の館)の敷地内に移築保存されました。椿家住宅は江戸時代に建てられた農家建築の遺構で「造形の規範となっているもの」との理由から平成12年(2000)に国登録有形文化財に登録されています。

椿家住宅(吉ヶ平民家):写真

椿家住宅
[ 付近地図: 新潟県新潟市 ]・[ 新潟市:歴史・観光・見所 ]
椿家住宅 椿家住宅 椿家住宅 椿家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。