高柳陣屋

新潟県:歴史・観光・見所新潟県の城郭>高柳陣屋
高柳陣屋:略データ
・場 所・新潟県妙高市高柳1丁目
・築城年・元禄15年
・築城者・丹羽氏音
・城 主・丹羽氏音、丹羽薫氏
・構 造・陣屋構え
・文化財・−
・指定日・−
・概 要・高柳陣屋は元禄15年に丹羽氏音が当地に入封し、高柳藩を立藩した際に藩庁として設けられました。

丹羽氏音は岩村藩2代藩主丹羽氏定の弟である丹羽信氏の次男として生まれましたが、4代藩主丹羽氏明が妻子がなく、20歳という若さで疱瘡により病死した事から、養子として丹羽家の家督を継ぎ、岩村藩5代藩主に就任しています。

当時の岩村藩の財政は逼迫していた事から氏音は若輩ながら有能だった山村瀬兵衛を側用人として抜擢し大胆な藩政改革を行ったものの、既得権益を有していた既存勢力との軋轢を生みました。

既存勢力は瀬兵衛を排除する為に幕府に訴えた事で、騒動が明るみになり氏音は2万石の岩村藩から高柳藩1万石に減封処分となっています。

氏音は岩村藩主時代には城主格でしたが、無城定府格に格下げになった為、当地には城郭を築く事が出来ず、陣屋を設け代官を派遣するに留まっています。

宝永2年に氏音が死去すると子女が居なかった事から氏音の兄である丹羽氏右の長男、丹羽薫氏が末期養子として認められ、薫氏が家督を継ぎ高柳藩2代藩主に就任しています。

薫氏は享保4年に奏者番、元文4年に大坂城定番に任ぜられ、延享3年には当地より大坂城に近い播磨三草藩に移封となった為、高柳藩は廃藩、高柳領1万石は高田藩主の久松松平家の預かり地となり、陣屋も廃されています。

高柳陣屋は現在の速念寺から東側一帯に置かれており、藩主居館を伴わなかった事から比較的に小規模だったと推定されています。官地と思われる空地が堀跡のようにも見えますが、明瞭な遺構が失われています。

高柳陣屋:付近地図
新潟県の城郭
御館宝積寺館高柳陣屋蒲原津城下条城(山口陣屋)須田城扇町出張陣屋大関城柏崎陣屋浅貝寄居城柏崎勝長邸酒屋陣屋新津城坊城館琵琶島城黒川館高柳館能代館五泉城古舘館牛屋館小島谷陣屋立ノ内館羽生田城小千谷陣屋池ノ端城福島城木場城山浦城飯田城清崎城町田城蔵光館柿崎城岡塚館三条嶋城江上館上関城
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。