柿崎景家

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>柿崎景家:菩提寺(楞厳寺)
【 菩提者 】 柿崎景家は長尾為景、晴景、景虎(上杉謙信)の3代に仕え、特に謙信時代には四天王(柿崎景家・直江景綱・宇佐美定満・甘粕景持)、七手組大将(本庄繁長・色部勝長・中条藤資・加地春綱・竹俣清綱・柿崎景家・新発田長敦※時代によって異なる)、上杉二十五将に数えられる側近中の側近で謙信も「分別さえあれば、越後七郡に右に出るものはいない」と評しています。又、重臣だった事から奉行職などの内政や近隣の領主との折衝などの外交を行い永禄12年(1569)の相模の北条氏政との軍事同盟、「越相同盟」でも次男晴家を人質として北条家に送るなど大きな役割を担っています。軍事面でも関東侵攻や越中侵攻、第4次川中島の戦いでは先鋒として武田信玄の本陣を切り崩し大功を挙げています。天正2年(1574)に病死、又は天正3年(1575)、織田信長に内通している事が露呈し謙信により断罪されたとも云われ(この説は疑問視されています。跡を継いだ晴家は北条家に人質になっていた事もあり謙信亡き後の相続争いである御館の乱では北条氏康の7男で謙信の養子となった上杉景虎に与した為、景勝方から事実と反する事を流布させたと思われます)遺骸は菩提寺である楞厳寺(上越市)に葬られています。楞厳寺の境内には柿崎和泉守景家の墓碑が建立されています。

【 寺  号 】 楞厳寺
【 所在地 】 新潟県上越市柿崎区芋島
【 創建年 】 天文13年(1534)
【 開  山 】 天室光育(林泉寺の住職)
【 開  基 】 柿崎和泉守景家
【 山  号 】 大佛山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦牟尼仏
【 備  考 】 柿崎和泉守景家の墓碑
絹本著色柿崎和泉守夫妻像−上越市指定有形文化財−指定日:昭和50年
新潟県大名菩提寺
溝口家溝口勝政新発田重家竹俣家佐々木加地氏内藤家間部詮房牧野忠成牧野忠訓・忠毅直江家関東管領上杉家本庄家・色部家長尾家柿崎景家上杉謙信黒川藩柳沢家村松藩堀家三根山藩牧野家沢海藩溝口家上杉謙信今井国広越後北条家田中義房加茂次郎義綱色部家村上家牧野秀成牧野家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。