黒川柳沢家

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>長谷寺(新潟県・胎内市)
【 菩提者 】 黒川藩柳沢家は5代将軍徳川綱吉の側用人として幕政に大きな権力を掌握した甲府藩主柳沢吉保の4男として生まれた経隆が祖となっています。宝永6年(1709)に甲府藩の新田開発により増加した1万石が与えられ甲府新田藩を立藩しましたが、長兄で甲府藩を引き継いだ吉里が享保9年(1724)に大和郡山藩に移封されると黒川領1万石に移され黒川藩を立藩しています。石高が低く、歴代黒川柳沢家は定府大名として江戸詰めだった為、領内での実績が殆ど無く、幕政では2代藩主里済が大坂加番や日光祭礼奉行、4代藩主保卓が大番頭、6代藩主光被が大坂加番や日光祭礼奉行、7代藩主光昭が奏者番や学問所奉行などを歴任しています。光昭の代に始めて御国入りを果たし、藩庁が置かれた黒川陣屋内に藩校「弘道館」を開校させ人材育成に尽力しています。戊辰戦争の際は隣接する会津藩や越後諸藩の関係から奥羽越列藩同盟に参加しています。基本的な菩提寺は東京都新宿区市ヶ谷河田町の正覚山月桂寺。領内菩提寺は黒川陣屋の陣屋町に境内を構える長谷寺(胎内市)ですが墓碑は無く、歴代藩主の位牌が安置され、山門には7代柳澤光昭揮毫の扁額が掲げられています。

【 寺  号 】 長谷寺
【 所在地 】 新潟県胎内市黒川
【 創建年 】 天正15年(1587)
【 開  基 】
【 開  山 】 樞山梵守大和尚
【 山  号 】 諸嶽山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦無尼仏
【 備  考 】 歴代黒川藩主の位牌安置、7代柳澤光昭揮毫の扁額
新潟県大名菩提寺
溝口家溝口勝政新発田重家竹俣家佐々木加地氏内藤家間部詮房牧野忠成牧野忠訓・忠毅直江家関東管領上杉家本庄家・色部家長尾家柿崎景家上杉謙信黒川藩柳沢家村松藩堀家三根山藩牧野家沢海藩溝口家上杉謙信今井国広越後北条家田中義房加茂次郎義綱色部家村上家牧野秀成牧野家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。