関東管領上杉家

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>関東管領上杉家:菩提寺(雲洞庵)
【 菩提者 】 雲洞庵(南魚沼市)を中興した上杉憲実(戒名:雲洞庵長棟高岩)は応永17年(1410)、越後守護上杉房方の3男として生まれ上杉憲基の養子となり応永26年(1419)に関東管領に就任した思われます(記録的に確認出来るのは応永27年)。その後、上野国・武蔵国・伊豆国の守護職にも就任し、これは東日本では鎌倉公方の足利氏に継ぐものであり僅か10歳で巨大な権力を有しました。当時は室町将軍家の足利家と関東鎌倉公方の足利家との対立が顕著になり憲実は対立を避ける為、奔走しますが逆に公方家からは反逆と捉えられ永享10年(1438)には幕府軍と同調し鎌倉軍を打ち破っています(永享の乱)。乱が終結後、憲実は何度も公方家である足利持氏の助命を幕府に窺えますが受け入れられず、持氏が自刃すると事実上隠居、隠遁し、「雲洞庵長棟高岩」を名乗り出家したとされます。憲実は文化の興隆にも尽力し応永20年(1420)には雲洞庵を再興、歴代関東管領上杉家の菩提寺とし、永享4年(1432)には足利学校(戦国時代に来日した宣教師フランシスコ・ザビエルは足利学校に対し、日本で最も有名な大学として紹介しています。国指定史跡。日本遺産)を再興し僧快元(鎌倉円覚寺)を庠主に招き多数の蔵書を寄贈、さらには金沢文庫(鎌倉時代中期のに北条実時が設けた私設図書館)を再興しています。その後、雲洞庵は歴代関東管領家、それを受継いだ上杉謙信から庇護され、寺運も隆盛し10万石の格式を得て、江戸時代には村上耕雲寺(新潟県村上市)、種月寺(新潟県新潟市)、慈光寺(新潟県五泉市)と共に越後四ヵ道場の1つに数えられました。雲洞庵の信仰的には赤門から本堂に至る参道の石畳の下に法華経を一石一字づつ刻み敷き詰めた事から、そこを歩いただけでも御利益があるとして、「雲洞庵の土踏んだか、関興寺の味噌嘗めたか」が民衆にも広がり1年に一度赤門が開く際には数多くの参拝者が訪れました。又、雲洞庵13世通天存達和尚は幼少の頃の喜平次(上杉景勝)と与六(直江兼続)に学問を教えた事でも知られ、坂戸城の城主である上田長尾家の教育機関でもあります。

雲洞庵は上杉謙信公の軍師である宇佐美定満の菩提寺とも云われ、本堂(新潟県重要文化財)背後には宇佐美定満の墓碑が建立されています(現在の墓碑は越後国魚沼郡の塩沢出身で江戸時代後期に「北越雪譜」を編纂した鈴木牧之が建立したとものとされます)。宇佐美定満は長尾晴景、と上杉謙信の2代に仕え、上杉二十五将、上杉四天王、越後十七将に数えられる名将で、天文19年(1550)に長尾家の一族で反対勢力だった坂戸城の城主長尾政景を倒し、永禄5年(1562)に武蔵上尾原での北条氏との戦で討死、又は永禄7年(1564)に坂戸城の近くにある野尻湖(長野県上水内郡信濃町野尻)で長尾政景(板戸城の城主、上杉景勝の実父)を暗殺し、自分も溺死したと伝えられています。宇佐美定満の墓碑は雲洞庵(雲洞庵は宇佐美定満の鎧櫃を所有しています)、野尻湖の琵琶島に境内を構える宇賀神社には供養塔が建立されています。

【 庵  号 】 雲洞庵
【 所在地 】 新潟県南魚沼市雲洞
【 創建年 】 養老元年(717)
【 開  山 】
【 開  基 】 藤原房前
【 中興年 】 応永20年(1420)
【中興 開山】 顕窓慶字(村上耕雲寺傑堂能勝禅師の法嗣)
【中興 開基】 上杉憲実
【 山  号 】 金城山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦牟尼仏
【 備  考 】 上杉憲実・宇佐美定満の供養塔・上杉憲実の木像と位牌
新潟県大名菩提寺
溝口家溝口勝政新発田重家竹俣家佐々木加地氏内藤家間部詮房牧野忠成牧野忠訓・忠毅直江家関東管領上杉家本庄家・色部家長尾家柿崎景家上杉謙信黒川藩柳沢家村松藩堀家三根山藩牧野家沢海藩溝口家上杉謙信今井国広越後北条家田中義房加茂次郎義綱色部家村上家牧野秀成牧野家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。