堀直宥:概要

  新潟県:歴史・観光・見所新潟県:歴史・人物>堀直宥

概要・歴史・観光・見所
堀直宥(椎谷陣屋)

【 概 要 】−堀直宥は寛文5年(1665)、上総八幡藩(現在の千葉県市原市八幡)の藩主堀直良と植村家貞の娘との子供として生まれました。元禄4年(1691)、直良の死去に伴い堀家の家督を継ぎ、上総八幡藩の藩主に就任しています。元禄11年(1698)に領地が越後国沼垂郡・蒲原郡・三島郡に集約された事を受け、藩庁を椎谷陣屋に遷し椎谷藩を立藩、一方上総八幡藩は廃藩となっています。

上総八幡藩時代には超願寺(新潟県西山町)の境内に出張陣屋を設けていましたが、直宥は唐箕前に新たな椎谷陣屋を設け、跡を継いだ堀直央によって現在地に遷されています)。元禄11年(1698)から元禄12年(1699)には大坂加番を担っています。又、旧領である下総国の一宮である香取神宮(千葉県香取市香取)から祭神である経津主命の分霊を勧請し領内にも香取神社(新潟県柏崎市)を創建しています。正徳元年(1711)死去、去年47歳。

椎谷陣屋:写真
堀直恒と縁がある椎谷陣屋 堀直恒と縁がある椎谷陣屋 堀直恒と縁がある椎谷陣屋 堀直恒と縁がある椎谷陣屋



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。