牧野忠訓・忠毅

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>牧野忠訓・忠毅:菩提寺(栄凉寺)
【 菩提者 】 栄凉寺(長岡市)の創建は牧野氏が三河国牛久保城主の時代の永禄年間(1558〜1570)牧野成定によって開かれたのが始まりとされます。当初は光輝庵と称していましたが、元和4年(1618)に牧野忠成長岡藩(藩庁:長岡城)に入封すると、元和5年(1619)に現在地に移され、開基者で忠成の祖父である成定の戒名「養修院殿教誉皎月光輝大居士」と父親である康成の戒名「月照院殿前典厩応誉感称徳大居士」、生母の戒名「鳳樹院殿暁月心大姉」から「光照山月照院栄涼寺」と改称しました。その後は牧野家の香華院として庇護され本妙寺、長興寺と共に家老格を与えられ、領内の寺院に大きな影響力がありました。幕末になると12代藩主忠訓と13代藩主忠毅が葬られ名実共に牧野家の菩提寺となりました。

牧野忠訓は丹後宮津藩主・松平宗秀の4男でしたが11代藩主忠恭の養子となり慶応3年(1867)忠恭の隠居に伴い12代藩主に就任しています。翌慶応4年(1868)には戊辰戦争が勃発し当初は中立を目論んでしましたが、家老である河井継之助と新政府軍監の岩村精一郎との会談が決裂し北越戦争が開始されると奥羽越列藩同盟に参加、領内は戦禍にまみれ善戦するも降伏し、忠訓は謹慎処分、長岡藩も一時廃藩となります。その後、忠訓は強制隠居となり忠訓の4男忠毅が13代藩主として認められ僅か2万4千石ながら長岡藩が復活します。牧野家は初代忠成は普済寺(長岡市)、2代(忠盛)から11代忠恭は東京都三田の済海寺、3代忠辰が東京都大田区池上本門寺が菩提寺でしたが済海寺の境内整備に伴い、歴代の墓碑が蒼柴神社の境内に移され(3代忠辰の墓碑も池上本門寺から移設)、遺骨は栄凉寺に納骨され(3代忠辰のみ蒼柴神社に納骨※蒼柴神社は祭神として忠辰が祀られている)、境内には牧野家歴代墓が建立されました。

【 寺  号 】 栄凉寺
【 所在地 】 新潟県長岡市東神田
【 創建年 】 永禄年間(1558〜1570):牧野氏が三河国牛久保城主の時代。
【 開  基 】 牧野成定
【 中興年 】 元和5年(1619)
【中興 開山】 玄蓮社明誉唱空上人
【中興 開基】 牧野忠成(長岡藩初代藩主)
【 山  号 】 光輝山
【 宗  派 】 浄土宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来(伝:行基菩薩作)
【 備  考 】 長岡藩12代藩主牧野忠訓・13代忠毅の墓碑
初代藩主牧野忠成の木像
歴代藩主(牧野家)の位牌・御霊屋
2代藩主忠成(忠盛)〜11代藩主忠恭までの遺骨を納めた納骨堂(3代藩主忠辰のみ蒼柴神社
新潟県大名菩提寺
溝口家溝口勝政新発田重家竹俣家佐々木加地氏内藤家間部詮房牧野忠成牧野忠訓・忠毅直江家関東管領上杉家本庄家・色部家長尾家柿崎景家上杉謙信黒川藩柳沢家村松藩堀家三根山藩牧野家沢海藩溝口家上杉謙信今井国広越後北条家田中義房加茂次郎義綱色部家村上家牧野秀成牧野家
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。