長岡市: 羽黒神社

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>長岡市:歴史・観光・見所>羽黒神社

概要・歴史・観光・見所
羽黒神社(長岡市)概要: 羽黒神社の創建は文治3年(1187)に源義経の乳母で義経腹心の佐藤継信、忠信兄弟の母 乙和御前がこの地に羽黒大権現を勧請したのが始まりと伝わっています。佐藤氏は現在の福島県福島市飯坂町にある大鳥城主で平泉(岩手県平泉町)を本拠とする奥州藤原氏の下で威勢を振るい奥州合戦でも城が戦場となり源頼朝軍と戦い、息子である継信、忠信は義経に仕え継信は屋島の合戦で義経をかばって戦死、忠信は、義経が京都を脱出する際、身代わりになって敵を引き付け義経を逃がし討ち死にしました。乙和御前は息子を弔う為出家して妙照尼となると、霊夢で"出羽三山(山形県鶴岡市)にある羽黒大権現を越後の霊場で祀りなさい。"との御告げがあり現在地(小貫)に羽黒神社を開いたとされます(当初は瑞雲庵と呼ばれる小庵の中に本地仏である十一面観音像を安置)。古くから神仏習合し、別当寺院である瑞雲寺が祭祀を司ってきましたが、明治時代に入ると神仏分離令と廃仏毀釈により、仏式が排除され羽黒三柱神社として独立し、後に現在の社号である羽黒神社に改めています。現在の社殿は江戸時代末期に再建されたもので入母屋、銅板葺、平入、桁行3間、正面1間唐破風向拝付、向拝欄間には中国故事、木鼻には龍、蝦虹梁には龍、社殿隅垂木には象、龍の彫刻が施されています。境内には下記の文化財の他、外山脩造の特大石碑、血の池、稲荷殿などがあり、大けやきの洞穴には耳病気に御利益があるとされる正倉神社が鎮座し信仰の対象となっています。祭神:天照皇大神、月讀尊、倉稲魂命。

羽黒神社の文化財
・ 羽黒神社社殿彫刻-江戸時代末期-長岡市準指定有形文化財
・ 獅子頭-元文2年-高さ24.5p、巾36p、奥行45p-長岡市指定文化財
・ 北斎画奉納額-長岡市準指定有形文化財
・ 大けやき-推定樹齢300年、樹高26m、幹周9.4-長岡市準指定天然記念物
・ かしの木-植生限界地、根元7m、幹周3m-長岡市準指定天然記念物

羽黒神社:写真

羽黒神社
[ 付近地図: 新潟県長岡市 ]・[ 長岡市:歴史・観光・見所 ]
羽黒神社 羽黒神社 羽黒神社 羽黒神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。