上越市: 高田城

  新潟県:歴史・観光・見所(ホーム)>上越市:歴史・観光・見所>高田城

概要・歴史・観光・見所
高田城(上越市)概要: 高田城は慶長15年(1610)に徳川家康の6男、松平忠輝が60万石(75万石)で入封し後、計画され慶長19年(1614)に完成した平城で高田藩の藩庁が設置されました。高田城の築城時は未だ大坂に豊臣秀頼が健在で政治的緊張状態にあった為、築城に際しては伊達家(仙台藩)や上杉家(米沢藩)、前田家(加賀藩)など有力外様大名を中心に13家の天下普請で行われ、大名の経済的疲弊を狙った政策の一つと考えられます。築城工期もわずか4か月で、豊臣家に対し高田城が軍事的に重要視されていた事から、短期間で竣工するために天守閣(3階櫓を天守の代用)や石垣のない実践的な城郭として計画されました。高田城の城主となった松平忠輝は家康の数多い子供達の中で徳川を名乗れなかった数少ない1人で伊達政宗の娘を正室に迎え、器量的にも他の兄弟達を凌駕していた為危険視され(諸説あり実際の理由は不明だが生後直後から父親である徳川家康に疎んじられ待遇を冷遇だったとされます。)、大坂の陣後の元和2年(1616)に改易となり伊勢朝熊に流罪となりました。忠輝はその後元和4年(1618)に飛騨国高山藩、寛永3年(1626)に諏訪藩(高島藩)に流され天和3年(1616)に高島城(長野県諏訪市・諏訪湖に浮かぶ水城)で死去、享年92歳。その後、酒井家次が高崎藩(群馬県高崎市)から10万石で移封してきましたが、元和4年(1618)には松代藩(長野県長野市松代町)から松平忠昌(結城秀康の次男)を25万9千石で迎えます。その忠昌は元和9年(1623)に50万石の福井城(福井県福井市)に入り、高田城には松平光長(松平忠昌の兄・忠直の子供)が26万石で城主となります。

高田城は危険視又は問題を起こした大名にあてがわれる例が多い土地柄で高田城主となった光長は天和元年(1623)に起こった越後騒動で改易、その後は、京都所司代を罷免された稲葉正往や5代将軍綱吉の不興を買った松平定重 、同じく8代将軍吉宗の不興を買った榊原政岑などが続きます。そのような理由からか次第に石高が低い大名が高田城に入り、火災や地震がある毎に規模が縮小されました。明治時代に入り高田城は廃城となりほとんどの建物が取り壊され明治3年(1870)には本丸御殿が火事により焼失、明治時代後期には第13師団指令部の設置されました。

高田城は平地に築かれた平城で本丸を中心にニノ丸、北ノ丸、三ノ丸、八幡丸、人質曲輪などがあり本丸は深い水掘に囲われ、3箇所の出入口は全て枡形で櫓門が設置され南西隅には天守閣に変わる三重櫓(現在復元)が設けられられました。又、外掘の外側には関川、清田川といった川が天然の掘として機能し平城ながら堅城だったとされます。現在の高田城は堀や郭の様子がよく保存され昭和29年(1954)に新潟県指定史跡に指定されています。城跡に設けられた高田公園は上野恩賜公園(東京都台東区)、弘前公園(青森県弘前市)と共に日本三大夜桜に数えられています。

高田城:写真

高田城
[ 付近地図: 新潟県上越市 ]・[ 上越市:歴史・観光・見所 ]
高田城 高田城 高田城 高田城
高田城 高田城 高田城 高田城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「新潟県:歴史・観光・見所」は「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」、「郷土資料辞典:新潟県」、「日本の城下町:甲信越」、「有限会社建築相談センター」、を参考にさせていただいています。